遺品整理

自殺や他殺事件が起こった部屋の清掃方法は?

自殺や他殺事件が起こった部屋の清掃方法は?

殺人事件が起こった建物は事故物件として扱われますが、実際には体液や血液の付着などの汚れを除去するという現実的な対処が必要になります。自殺や孤独死ですでに腐敗臭が出ていたという場合も同様です。

今回は、このような問題を解決するための方法について解説します。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理業者に依頼する

物件の住人が事故や自殺などで亡くなった場合、故人の所有品を片付けなければなりません。賃貸物件の場合は勝手に処分できないものもあるので、片付けに応じてくれる家族や親族がいるかどうかを確認してみましょう。

誰もいない場合には「遺品整理業者」に依頼するという方法があります。「遺品整理業者」とは遺品整理に特化した不用品回収業者のことです。「遺品整理士」が在籍しているというのが、通常の不用品回収業者との違いです。仕分けなどの片付けに不用品を回収し、処分してくれるという基本的な流れは変わりません。

しかし、「遺品整理士」は遺品を供養するという観点での処分方法や、遺品の扱いなどを学んでいるという違いがあります。遺産としての法的知識も有しているので、適切に処分してくれます。離れて暮らしていた家族や親族が亡くなった場合も、自分でなかなかできない場合は、遺品整理業者に依頼するといいでしょう。

特に、所有品の多い故人の場合は、家族だけでは片付けに相当な時間を取られることもあります。遺品整理業者なら、残すものと廃棄するものを仕分けし、不用品はまとめて回収してもらえます。

特殊清掃業者で臭いも解決

亡くなった後、結構時間が経過してしまった場合は、部屋ににおいや汚れなどが付着します。季節や環境によって遺体の損傷に差は出ますが、通常の清掃では済まない場合が多いでしょう。

特に、殺人のような事件性のあるものは、部屋の汚れも大きくなりがちです。一般の人ではなかなか対処できません。このような状況で頼りになるのが「特殊清掃業者」の存在です。何もない部屋であれば一般のハウスクリーニングで済みますが、遺体のあった部屋の場合は、床や壁に体液や血液のシミができていることもあります。数カ月放置されていたような場合は、腐乱臭も相当のものだといわれています。また、虫が発生していることもあるでしょう。ここまでの状態になってしまうと、遺体を運び出すだけではとてもにおいは消えません。通常の清掃では、床に染み込んだ汚れはとても消えませんし、例えリフォームを行っても、においは残ると考えたほうがいいでしょう。それに、遺体から出た汚れを除去しなければ、リフォームすらできないと考えるのが妥当です。その汚れと悪臭を、特殊な洗浄剤や機材できれいに除去する専門業者が「特殊清掃業者」なのです。

「特殊清掃業者」は、孤独死の増加などもあってメディアで取り上げられることも多く、耳にしている人も多いかもしれません。事件によって亡くなった場合は血痕などの付着も多いものですが、血痕や腐乱によるシミなど、ケースに応じてきれいにしてくれます。通常ではとても引き受けてくれないような汚れにも対応してくれるプロが「特殊清掃業者」です。

大阪の特殊清掃業者とは?

「特殊清掃業者」は全国的に存在しています。ただし、都市部のほうが数は多いかもしれません。人口密集地である大阪にも「特殊清掃業者」はいます。「特殊清掃業者」といっても、通常のハウスクリーニング業者と兼ねている場合もあれば、遺品整理や不用品回収のかたわら「特殊清掃」を行っている業者などさまざまです。どの業者がいいかは、部屋の汚れ具合や状況に応じて決めるといいでしょう。においや部屋の損傷があまりない場合は遺品整理を中心に、異臭や汚れを優先したい場合は特殊清掃に特化した業者という決め方ができます。特殊清掃だけを依頼する場合、部屋の汚れ具合に応じて金額は異なります。「新しい血痕」「体液まで付着している」「腐乱が進んで虫が発生している」などの場合、段階を分けている業者もいます。相場としては、1部屋に対して3万~7万円前後といったところでしょう。しかし、事件現場や遺体が放置されていた部屋は、状況がケースでさまざまに異なります。

依頼する前には、見積もりを取るなど確認するといいかもしれません。「特殊清掃業者」や「遺品整理業者」によって、人が亡くなった物件であってもきれいにすることは可能です。

しかし、それだけではなく供養をしておくといいでしょう。特に、賃貸物件の場合は、事件や事故で人が亡くなると、その後の借り手がなかなか現れない原因にもなります。通常は事故物件という扱いにはなりますが、まったく借り手がいないということではありません。売り物件の場合でも、同じです。賃料や購入費が下がることで、希望する人も中にはいます。次に使うことを考えるなら、人が亡くなってしまった物件は、清掃できれいにし、遺品整理で故人の所有品を処理するだけでなく、供養やお清めなどを丁寧に行うことも考えてみましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...