遺品整理 孤独死

突然の孤独死!特殊清掃を業者に依頼しよう!

突然の孤独死!特殊清掃を業者に依頼しよう!

少子化や核家族化などに伴い、高齢者の孤独死が増加しています。その場合、普段はあまり交流がなかったとしても、親族ならば遺品整理を行わなくてはなりません。しかも、状況が特殊なため、単に身内が集まって清掃をするだけでは整理が進まず、専門の業者へ処理を依頼したほうが良いケースもあります。その事実を知らない人は意外に多いのではないでしょうか?ここでは、孤独死の場合に依頼をすべき業者やその際の注意点などについて解説をしていきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

孤独死の後処理に対応!特殊清掃業者のサービス内容

孤独死を迎えた場合、その発見は遅くなる傾向にあります。死後数週間で発見されればよいほうで数カ月、あるいは数年たってから発見されるといったケースも珍しくありません。当然、遺体は腐敗し、部屋の中は悪臭で満たされることになります。

その際にはウジやハエが大量に発生し、遺体のあった周辺の床や畳などにも甚大な損傷を与えます。賃貸物件の場合は、このような状況を原状復帰させるのは遺族の義務ですが、素人がそれを行うのは不可能です。

そこで、利用したいのが特殊清掃業者です。この業者は孤独死や事故の現場を原状復帰させるスペシャリストです。清掃を依頼すると特殊な器具や薬品を使って部屋に充満した死臭を除去してくれます。

また、遺体のあった部屋にはゴキブリなどの害虫が大量発生している可能性が高いので害虫駆除も行ってくれます。さらに、遺体のあった部屋は細菌やウィルスが増殖している可能性があり、危険です。そのため、消毒作業も特殊清掃業者の重要な仕事になってきます。

一通り消臭・消毒作業が終わると、次に行うのが血液や体液などによって汚染されているマットや布団などを除去する作業です。もし畳やフローリングまで血液や体液が染み込んでいた場合には、それらもはがして新しいものと交換していきます。そのうえで、故人の遺品整理も行ってくれます。単に部屋のものをすべてゴミとして処分するのではなく、分別処理をしてくれるのです。

たとえば、故人との思い出の品は殺菌消毒の後に遺族に渡し、レンタル品があれば返却し、貴重品は必要に応じて遺族に返却するかリサイクルショップで換金をしてくれます。

以上のように、特殊清掃業者とは原状回復から遺品整理までを行ってくれる非常にありがたい存在なのです。

必要に応じて使い分けたい!片づけに関するさまざまな業者

業者特殊清掃業者の他にも片づけに関する業者は数多く存在します。まず、有名なのが遺品整理業者です。この業者に依頼すると故人の遺品を残したいものといらないものに分別してくれ、遺言状や土地の権利所などといった所在不明のものを捜索してくれます。

そのうえ、不要と判断したものは大きな家具家電から服やお皿といった日用品まですべて回収してくれるのです。ただ、特殊清掃業者とは異なり、部屋の消毒や原状回復などは行いません。そのため、孤独死などでの利用は不向きだといえるでしょう。

一方、空き家整理業者とは長年誰も住まずに放置している空き家の整理を行う業者のことです。敷地内に取り残された家財道具などを処理してくれるほか、行政書士や不動産会社と提携して建物の取り壊しや建て直し、土地の売却や再利用の提案などを行ってくれる業者もあります。

さらには、ゴミ屋敷清掃業者というものもあり、ゴミだらけの家の中から不要なものだけを回収処分してくれます。ひとり暮らしの高齢者が体力の衰えや認知症などによって独力での清掃が困難になった際に利用するケースが多い傾向です。このように、片づけが必要な場合にはそれぞれの業者の性格を理解したうえで、活用していくことが大切です。

後悔をしないために!優良な特殊清掃業者の選び方

選び方孤独死の際の遺品整理は特殊清掃業者に依頼するのがベストです。ただ、特殊清掃業者そのものが数多くあるので、その中のどこを選べばよいのか迷ってしまうかもしれません。それに、少数ではありますが、中には詐欺行為を働こうとする悪徳業者も存在します。そうした業者に当たらないためには、事前にネットの口コミ情報などで評判を調べておくことが大切です。

また、ホームページを見れば、作業方法や実例などが細かく記載されているため、業者を選ぶ際のヒントとなるでしょう。逆に、そうしたものをあまり詳しく記載していなかったり、ホームページ自体が存在しなかったりする業者は避けたほうが無難です。

いずれにしても、特殊清掃業者は高度な専門知識を有するサービスです。未熟な業者を選ぶと臭いが残ったり、汚れが取りきれてなかったりする場合があります。十分注意をして、なるべく実績のある業者を選ぶようにしてください。以上のように、いざというときに困らないよう特殊清掃業者のサービス内容や業者の選び方などについての理解を深めておきましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...