遺品整理

生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

厚生労働省が公開している平成29年5月の資料「生活保護制度の現状について」によれば、同年2月時点での生活保護受給者の数は、約214万人とされています。

・参考 「生活保護制度の現状について」

同資料によると、受給者全体の45.5%が65歳以上の高齢者となっており、そうした方が亡くなった場合の遺品整理が問題となってきます。

身近に親族などもおらず、近所付き合いも乏しければ、孤独死するケースも珍しくありません。

今回は、生活保護受給者が亡くなったら誰がどのように遺品整理をするのか、費用負担者は誰なのかといった点について解説していきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

1.生活保護受給者の遺品整理を行うのは誰か

(1)生活保護制度の目的

まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。

これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)の実現に加え、自立支援を行うためのものです。 

(2)役所は面倒を見てくれない?

生活保護制度自体が生存権の理念に基づくものなので、受給者が亡くなった時点で役所からの保護やサポートは停止してしまいます。

ただし、ご遺体については、家族不存在や引取拒否の場合、役場にて火葬の後に合祀されるので、放置されるということはありません。

基本的に、遺品整理や特殊清掃に関しては、役所は面倒を見てくれないのです。

(3)基本的には親族が対応

役所の管轄外となる以上、遺品整理を行うのは原則として親族ということになります。

しかし、面倒を見てくれる親族が身近にいないからこそ、生活保護を受ける状況に陥っているわけであり、中には天涯孤独というケースもあるでしょう。

その場合、対応するのは以下のような者となります。

・(いれば)遠方の親族

・(マンションなどの場合)連帯保証人

・管理会社ないし大家

2.財産の相続と遺品整理の費用負担

(1)相続手続と相続放棄

生活保護の受給者と相続との関係は、2通り考えられます。

生活保護受給者の財産を親族が相続する場合と、生活保護受給者が親族の財産を相続する場合です。

 

①生活保護受給者の財産を親族が相続する場合

通常の相続手続に従うこととなります。

ただ、近時は相続放棄をする親族も少なくありません。

これは連帯保証人が高齢などで亡くなっていた場合、未納家賃などの債務が残っていることもあるためです。

相続した場合、原状回復(家財道具などの撤去や清掃)を管理会社ないし大家から請求されることとなります。

 

②親族の財産を生活保護受給者が相続する場合

この場合も、通常の相続手続に従えば済みます。

ただ、相続する財産の額によっては、生活保護が打ち切りになる可能性もあります。

というのは、生活保護を受給するための要件として、以下が存在するからです。

・生活に困窮する者であること

・世帯員全員が資産や能力その他あらゆるものを、最低限度の生活維持のために活用することを前提とすること

・それでも困窮しているが、生活を援助してくれる扶養義務者や扶助者がいないこと

遺産相続をした場合、生活維持のために活用できる財産を取得したため保護が不要となった、と解釈され、受給停止ないし廃止となるのです。

(2)遺品整理費用の負担者は?

生活保護費は受給者死亡時点で打ち切られます。

したがって、遺品整理に要した費用を生活保護費から捻出することはできません。

原則としては、親族・連帯保証人・管理会社や大家のいずれかが負担することになります。

3.生活保護受給者の遺品整理をする際の注意点

(1)葬儀と遺品整理

特に親族が生活保護受給者の葬儀を上げたり遺品整理をしたりする場合、費用に注意する必要があります。

高額な葬儀をあげたり業者への高額な支払いをしたりすると、生活保護費を不当に受給していたと見なされ、役所から返還請求を受けることもあるためです。

費用の高過ぎない業者を選ぶためには、きちんと相見積もりを取るのが大事です。

もちろん値段だけで選ぶのも良くありませんが、相場よりも高くなるところは避けたほうがいいでしょう。

(2)遺品整理と相続

また、遺品整理として、勝手に財産の処分をしてしまわないように注意しましょう。

財産処分をすると、相続財産を単純承認したと見なされて、相続放棄ができなくなるからです。

財産を精査した結果、負債のほうが多いことが判明した場合、思わぬ損失を被ることにもなりかねません。

財産の処分は、しっかりと調査を行った後にしましょう。

(3)不明な点がある場合には

生活保護受給者が亡くなって、どうしたらいいかわからない場合は、役所の窓口や、生活保護の担当をしているケースワーカーに相談するという方法があります。

また、遺品整理に関しては、専門の遺品整理業者に問い合わせをしてみるのも手です。

わからないままに遺品整理や手続を進めようとすると、トラブルが生じかねないため、お気をつけください。

まとめ

生活保護を受けている方が亡くなり、相続や遺品整理の問題が生じることは珍しくありません。

そうした場合、亡くなった方と遺品整理を行う側の人物は生前の関わりが薄いことも多く、戸惑うこともあるかも知れません。

家財道具等の勝手な処分は相続との関係で注意し、不明点は役所や遺品整理業者に相談をするようにしましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...

  • 遺品整理

    神戸の遺品整理事情

    地域の特色によって遺品整理の事情は異なります。場所によっては遺品整理がしやすいケースもありますし、逆に遺品整理がしにくいケースもあります。 そもそも遺品整理をす...