遺品整理

遺品整理のコストを抑えたい!業者選びや費用を安くするポイント

遺品整理のコストを抑えたい!業者選びや費用を安くするポイント

故人の遺品をどうしようか悩んでいるときに役に立つのが遺品整理業者の利用です。遺品の量によっては、遺族だけで片づけるのがとても大変なケースも少なくありません。そんなときは便利なサービスを上手に活用しながら、故人の思い出が詰まった遺品を片づけていきましょう。ここでは、遺品整理にかかる費用を抑えるために役立つ情報をご紹介していきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

見積もり依頼やサービス内容の比較がポイント

2017年時点で遺品整理を行う業者は全国に数多くあり、2000年前半に比べると業者数が右肩上がりになっていることがわかります。そのため、利用者はニーズに合った業者を選ぶのが難しくなっている傾向です。

インターネットで情報を集める人も多いため、ホームページや広告で情報発信をしている業者が多いのが特徴といえます。コストを最小限にするなら、まずは数多くある業者のなかからサービス内容と料金を比較してみましょう。ひとつひとつの業者を比較しなくても一括査定ができるサイトもあるので上手に活用することがポイントです。

しかし、ここで気をつけたいのがオプション料金の発生についてです。基本料金は安くてもオプション料金が追加されると、ほかよりも費用が高くなってしまうことも考えられます。安易に価格だけを見比べるのではなくどのような作業をしてくれるのかをしっかりと確認することが大切です。

また、全国対応の業者でも出張料金が別途かかることもあるので、エリアをしぼり込んで業者を探すと良いでしょう。つい安さだけで業者を選んでしまう人もいますが、安心して作業を依頼できるかどうか見極めることも重要です。

リサイクルショップやネット買い取りを有効活用

買い取り普段からリサイクルショップやネット買い取りサービスを利用している人もいるでしょう。これらのサービスを活用することで遺品整理にかかる費用を大幅に減らすことができます。まだ使える家具や価値のある小物や骨とう品などは想像以上の値がつく場合もあるので、まずは査定してもらうのがおすすめです。

リサイクルショップが近くにない場合や店舗まで運べないときには出張買い取りサービスを利用することもできます。家具のように大きなものを粗大ゴミに出すとなると処分料もそれなりにかかります。まだ使える物や価値がある物は捨てずに買い取ってもらいましょう。

遺品整理業者のなかには、リサイクルショップへの持ち込みをしてくれたり買い取りサービスも利用できたりするところもあるので、事前に確認してみることがポイントです。処分料を浮かせつつ不用品を売って遺品整理費用の足しにすることもできます。

また、ネット買い取りならリサイクルショップよりも高値で取引されることもあるでしょう。コレクターに人気のグッズや商品であればリサイクルショップよりもネット買い取りのほうが高値で取引される可能性があります。相場をリサーチしながらリサイクルショップとネット買い取りのどちらを利用するべきかを見極めましょう。ただし、すべての不用品を一括で査定してもらいたいのであれば、短時間で取引ができる出張サービスの利用が最適です。

ごみの処分など自分でできることは済ませておこう

ごみ遺族が遠方に住んでいるとなかなか自分たちで片づけを進めるのは難しいものです。交通費などを考えると、すべて業者に依頼したほうが安く済む場合もあります。

しかし、近場や一緒に住んでいた場合は、自分たちでできることを済ませておけば費用を安くすることにつながります。どこから手をつけたらいいのか悩んでしまう人もいますが、まずはゴミを処分しておくなど簡単なことから始めるのがおすすめです。遺品整理業者の料金システムは作業にあたるスタッフの人数や時間によって設定されているケースが多い傾向といえます。そのため、できることを済ませておけばそのぶんコスト削減が見込めます。

粗大ゴミはひとつひとつ処分するよりもまとめて処分場に持ち込むほうがお得です。ただし、テレビや冷蔵庫などの家電製品はリサイクル料がかかるのでリサイクルショップを利用すると良いでしょう。遺品整理業者の主な作業は不用品や貴重品などの仕分け作業、ごみの処分や室内清掃です。生前整理が利用できる遺品整理業者も増えているので、少しずつ身の回りを片づけておくことで、家族への負担を最小限にすることもできるでしょう。

遺品整理後の清掃を自分たちですることで費用を抑えたいと考える人もいますが、部屋の状況によってはプロに依頼したほうがいいケースもあります。室内の汚れはもちろん、臭いを取り除くためには特殊清掃が必要になることもあるので、一度業者の立ち合いのもと査定してもらうと良いでしょう。な

かには特殊清掃に対応していないところもあることを頭に入れながら業者を探すことも大切です。
遺品整理は想像以上に時間と体力を使います。さらに故人の思い出が詰まった遺品整理は遺族にとって心の負担も大きいものです。遺品整理業者のサーポートを受けながら無理なく作業を進めていきましょう。遺品の量や部屋の広さによっては料金が高くなってしまうことも考えられますが、自分たちでできることを済ませておくだけでコストを抑えた遺品整理をすることが可能です。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...