遺品整理でハウスクリーニングを依頼するときのポイント

  • 遺品整理

身内が病気や事故、老衰などで亡くなると死亡届をはじめとした公的な手続きに加えて葬儀などの段取りも必要となります。その際、故人の遺品整理やハウスクリーニングがあることも忘れてはいけません。

しかし、一般的に遺品整理や死亡後の手続きは慣れていない人が多い傾向のため不安もあるでしょう。そこで、ここではハウスクリーニングを依頼する際の、業者選びのポイントやクリーニング内容の違い、目安となる金額についてご紹介いたします。

ハウスクリーニングの内容にはいくつかの種類がある!

故人宅のハウスクリーニングで注意したいことは室内の遺品である貴重品や記念となる品の扱い方です。具体的には、貯金通帳や証券、アルバムや日記など故人をしのぶような物は、ハウスクリーニングを開始する前に処理方法を身内で相談しておくのがおすすめです。特に、故人に関する財産は相続の対象となるので、分配方法を確認しておくことは欠かせません。

また、ハウスクリーニングで大きな問題となるのが、故人が自宅で孤独死をしていた場合です。一般的に死亡してから数日が経過すると、遺体の腐敗がはじまり体液が流れ出します。多くの場合、床やベッドなどにも液体や臭いが付着しているので、ハウスクリーニングでは特殊な洗浄が必要になる傾向です。

また、状況によっては、クリーニングではなく床材や壁材などの貼り替え作業を依頼されることもあるため、リフォーム工事も視野に入れておきましょう。また、戸建て住宅では室内のクリーニングにとどまらず庭の手入れなども必要となるので、「どのようなサービスを必要としているのか」について依頼前に確認しておくことがポイントといえます。

親身になってくれる業者なら頼みやすい

故人宅が通いやすい場所にあれば問題も少ないのですが、遠方になるとスケジュールの調整が難しくなることもあります。その場合、親身になって遺品整理に精通している業者あれば、少し割高になっても依頼してしまうことも方法のひとつです。

特に、はじめてハウスクリーニングを依頼する場合は、慣れていない人にとっては何から手をつければいいのか戸惑うこともあるでしょう。気軽に話せる業者であれば、段取り面でも相談しやすく、融通が利くかもしれません。

互いの役割分担が決まれば、依頼者としても予定を立てやすくなるという点もメリットです。「いつまでに何をするべきなのか」が明確になるので、スケジュールに沿って作業ができるでしょう。そのためにも、ハウスクリーニング業者を選ぶ際は「どのようなサービスに対応しているのか」を見きわめことがポイントです。

遺品整理の取り扱いは、一般的な片付け作業だけとは限りません。電話などで相談した際の対応なども、業者選びの参考にしましょう。

日ごろから身内で話し合えれば遺品整理もスムーズ

 

大阪府内で利用可能なハウスクリーニング業者をもとに紹介いたします。遺品整理の基本的な作業の費用相場はワンルームマンションなら5万~12万円程度、戸建て住宅では10万~80万円程度が目安です。

同じような間取りであっても作業内容が個々に違ってくるので、価格にどうしても開きが出てしまいます。無理やり安価に抑えようとして簡易的なハウスクリーニングを依頼してしまうと、仕上がりに違和感が残るというケースも珍しくありません。

特に、染みついた臭いを取り除くことは素人には難しい傾向です。特殊清掃を行う必要もあるため、費用が高くなる可能性があることにも注意しましょう。専門知識を備えた業者に依頼すれば、気になる臭いやシミを取り除くことが無理ではなく、コストパフォーマンスに優れています。

また、価格に開きが出てしまう具体的な理由として、遺品や処分品の量、作業日の時期にも深く関係します。一般的に、人が亡くなる時期は12月から年をまたいだ2月が多く、この時期は業者でもスケジュールが混み合う傾向です。また、オプションとして扱われることがある「エアコンの取り外し」「自家用車の事務手続き」を依頼する場合には、事前の確認を忘れないようにしましょう。エアコンには専用の冷媒ガスを使用していて、取り外しには知識と経験が求められます。

また、高所作業を伴う場合には、脚立などの準備もしなければいけません。自動車の名義変更や廃車手続きは管轄となる陸運局で行いますが、自走できない自動車の回収となると運搬車まで必要になります。遺品整理のポイントは、故人がこれまで暮らしてきた生活と向き合うことなので、さまざまな作業が関連してきます。室内の荷物を処分するだけであれば、数日でも十分に補えるでしょう。

しかし、生前使用してきた家財の中には行政機関や金融機関などで手続きが必要となる物も多く含まれます。また、故人が遠方で暮らしていた場合にはスケジュールの都合や交通費などの工面も欠かせません。どうしても、すべての作業を終えるまでには日数が掛かってしまいます。

特に、緊急性の高い手続きについては優先して、あまり急ぐ必要がない手続きは、しっかりとスケジュールを組んでから作業に取り掛かりましょう。遺品整理を業者に依頼する際は、見積もりの内容にしっかりと目を通して疑問点は必ず確認することが大切です。業者の中には無知な依頼者の弱みにつけ込み、高額な請求をする悪徳業者もいます。「どのような場合に追加料金が発生するのか」も聞いておくとトラブルを未然に防ぐことも可能です。

遺品整理を気持ちよく終えるためにも、日ごろから身内や家族と話し合い、それぞれの要望を確認しましょう。公的な手続きに必要となる書類については、生前にノートなどでまとめておくとその後の作業がスムーズです。