遺品の処分で誤って処分しないように注意するもの

  • 遺品整理

遺品整理をすることになると、何が大切なもので何が不要なものなのかがわからなくなってしまうことがあります。

特に、故人を亡くしてあいだもない場合には遺品の処分の仕方にはあまり気を配れないという可能性があるでしょう。気付いたときには遺品整理業者に大切なものを色々と処分されてしまったという事態になりかねませんから、十分に注意しておく必要があります。

遺品整理のときに誤って処分しないように注意すべきものについてご紹介していきましょう。

書類や貴金属などの貴重品

まず、最も間違って処分してはならないものといえば故人の貴重品です。たとえば、書類や通帳、印鑑、そして貴金属などが挙げられるでしょう。いずれも遺品というよりは遺産に近い価値のあるものです。特に、土地の権利書や遺書などは遺産相続や分配のときに関係してくる大切な書類ですから、誤って捨ててしまわないように注意しておかなければなりません。

貴金属類も、高価なゴールドやプラチナを始め、ダイヤをあしらったようなジュエリーは高価があるので間違って処分しないように配慮する必要があります。捨ててしまうと損をしてしまうからという理由から見ても大切ではありますが、相談せずに勝手に処分したり、売却をしたりすると遺族間で問題になることもあるので注意しなければなりません。

遺族の遺した土地や車、預金といった財産に比べれば、貴金属や宝石は少額かもしれませんが、それでも財産のひとつであることには変わりありません。相続財産の対象となりますから、遺族の一人が独断で売却したら相続問題で揉めることになる可能性があります。そうならないようにするためにも、故人が遺した貴重品についてはすべて保管しておくように心がけておきましょう。

業者によって誤って処分されてしまうリスクはもちろん、作業のあいだに紛失してしまうリスクがないとは言い切れません。トラブルに発展する前に遺品整理業者に依頼する前の段階から遺族だけで貴重品は整理して保管しておくことをおすすめします。

デジタル遺品やオンライン遺品

パソコン
故人が使用していたパソコンやスマートフォンは遺族が使わないのであれば不要なものではあります。だからといって、すぐに捨ててしまうのはNGですから注意しておきましょう。なぜなら、このようなデジタル遺品の中には大切な個人情報が含まれています。そのため、安易に捨てたり、売却してしまったりすると個人情報が流出してしまうおそれがあります。

家族が亡くなってパソコンやスマートフォンが不要になった際には、すぐに売却や処分をするのではなく、データの移行や初期化をしてデジタル機器の中に個人情報が残っていない状態にしてからにしましょう。

パスワードを知っている場合やパスワードが設定されていない場合は特に問題なくできるのですが、パスワードが何なのかを知らない場合には気を付けなければなりません。知らないからといって諦めてしまうのではなく、パスワードロックを解除してくれる業者や、解除した上でデータの移行や初期化をしてくれる専門業者に頼るようにしましょう。

また、デジタル機器だけではなく、オンライン遺品のことも忘れてはなりません。オンライン遺品とは、いわゆるSNSのアカウントやゲームアカウント、ネットバンクのデータやそのやり取りに関する情報を指します。

これらは誤って処分するようなものとは少し異なりますが、そのまま放置してしまうのは危険です。デジタル遺品のデータを削除したからといってオンライン上のデータが消えるわけではないので、デジタル遺品だけを整理して満足しないようにしてください。

故人が大切にしていたもの

大切なもの
故人が大切にしていた品も、軽い気持ちで処分してはいけないもののひとつだと言えます。もちろん、人によっては数えきれないほど大切にしていたものはあるかもしれませんし、すべて保管しておこうとするときちんとした遺品整理にはならないという場合はあるかもしれません。だからといって、大切にしていたものすべてを保管しておく必要はありませんし、形見は特に不要だという場合は逆に無理にとっておく必要もないでしょう。

しかし、故人の気持ちを考えるのであれば、故人や家族にとって特に思い入れが深かった思い出の品はとっておくことをおすすめします。一度捨ててしまったら、後になってから「やはり保管しておけばよかった」と思ったときには手遅れですからどのように整理すべきかを慎重に判断しましょう。

また、処分してはいけないというわけではありませんが、安易に捨てるべきではないものとして、人形やぬいぐるみ、それから仏壇や表札が挙げられます。もちろん、普通のゴミや粗大ゴミとして処分することもできなくはないものばかりですが、これらを単なる不用品として捨てるのははばかられるものです。

故人の気持ちを想うのであれば、処分するべきか否かを慎重に考えたうえで、捨てる場合にはお焚き上げという方法で処分することをおすすめします。お焚き上げとは、僧侶に読経供養してもらい、遺品を大切に廃棄してもらう方法のことです。お焚き上げは直接僧侶に依頼することもできますが、専門の業者が仲介してくれるケースもあるので、遺品整理の際に相談してみるといいでしょう。