遺品整理

遺された車やバイクは相続する?処分する?

遺された車やバイクは相続する?処分する?

身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく、通常の相続以外にも手続きをする必要があります。今回は、車やバイクの相続の手続きやその相続するべきか否かの判断について考えていきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

車両を相続する為には

家族の誰かが亡くなった場合、残された遺族で遺品整理を行うことになります。その際、思い出の品などを友人や知人に形見分けしたり、どうしても捨てられない物はとっておく、不要な物は捨てるなどの方法で整理していくことになりますが、遺された車やバイクをどうするかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

また、この先自分に何かあった時に備えて、きちんとわかるようにしておきたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。遺された車両は多くの場合、遺族の誰かが相続するか処分するかの2通りに分けられます。

遺族の誰かが相続する場合、親子であったとしてもそのまま自分のものにするわけにはいきません。名義変更をしないで車両を乗り続けていた場合、後からさまざまな問題が起こる可能性が高いので、車両を相続する場合は必ず車両の名義変更をする必要があります。時間がたつとうっかり忘れてしまうこともあるので、処分せずに相続することが決まったら早めに手続きした方が良いでしょう。

車両の名義変更を行うには、まず必要書類を集めなければなりません。亡くなった方の戸籍謄本、遺産分割協議書、車検証、相続人全員の記載がある戸籍謄本や印鑑証明書、車庫証明書などが必要になります。車庫証明書は亡くなった方と同居している家族が相続する場合は不要ですが、別居している人が車両を相続する場合は、ナンバープレートの管轄が変わるケースがあるため、自分の住所がわかる書類を提示しなければなりません。

車両の相続で気を付けたいのが、車両の名義がクレジット会社や車販売店になっているケースです。ローンを組んで購入した場合は、名義人が本人では無いケースが多く、その場合は勝手に相続手続きを行うことは出来ません。名義人をクレジット会社や車販売店から、相続する人に変更する手続きが必要になります。

また、ローンがまだ残っている場合は基本的に残金を一括返済することで、名義人を相続する人に変更することが可能です。もし、一括返済出来ない場合は、ローンの組み直しなどの手続きが必要になりますが、相続人がローンを組めないケースの場合は、車を売却したお金でローン残高の補填をすることになります。

車両を処分する場合には

処分方法は

遺された車両を相続せずに処分しようと考えている場合、処分を先延ばしにしていると税金や保険料などの負担が増えて来ることになります。また、放置された車両は劣化が進むため、出来るだけ早く処分することをおすすめします。早めに処分することで、すでに支払った税金や保険料が戻って来る場合があります。

相続しない車両の処分方法としてまず挙げられるのが、車買取専門店や中古車販売店に査定を受けた上で買取してもらう方法です。車両の状態が良く、まだまだ乗れるので廃車にするにはもったいないような状態なら買取がおすすめです。査定を受ける車買取専門店や中古車販売店によって査定基準が異なるため、1店だけでなく出来るだけ多くのところで査定を受けるようにすることで、高く買取してもらえる可能性が高くなります。

査定を受ける前には、きれいに洗車をしておくようにし、内装についても汚れを出来るだけきれいに落としておくことで、査定額アップが期待出来る場合があります。

もし、近くに車買取専門店や中古車販売店が無い場合や、忙しくて何店も査定のために回ることが出来ない場合は、インターネットを活用して査定を受ける方法があります。車買取の一括査定サイトを利用することで、1度に複数の業者から査定を受けることが出来るので便利です。

また、遺された車両が故障していて動かない場合や、車検切れで運転出来ないような場合も、買取の際に自宅など車両があるところまで取りに来てもらえるので便利です。ただし、車両を買取してもらう場合も、相続する時と同様に車両の名義変更が必要になるため、必要書類を用意しなければなりません。

遺品の整理自体が難しい場合は

また、亡くなった方の遺品を整理しようと思っているけれど、いつまでたっても気持ちの整理がつかないため、なかなか遺品整理をすることが出来なかったり、亡くなった方と離れて暮らしていた場合は、思うように遺品整理が進まない場合があります。そういった場合は遺品整理業者に依頼することで、遺品を丁寧に整理してもらえます。

遺品整理業者の中には車両の処分を任せられるところもあるので、他の遺品整理とともに依頼してみてはいかがでしょうか。遺品整理にかかる費用は遺品の数や状況によって変わって来ますが、依頼する遺品整理業者によっても大きく違って来ます。また、遺品整理業者によっては車の処分を依頼出来ない場合があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

インターネットの遺品整理の一括見積もりサイトを利用すれば、探したいエリアや整理してもらえる遺品の種類、その他のサービス内容などの条件を元に、希望する条件に合う遺品整理業者をスムーズに探すことが出来ます。

ネットで検索

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...

  • 遺品整理

    神戸の遺品整理事情

    地域の特色によって遺品整理の事情は異なります。場所によっては遺品整理がしやすいケースもありますし、逆に遺品整理がしにくいケースもあります。 そもそも遺品整理をす...