遺品整理

遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでいてスムーズに遺品整理できないケースも珍しくありません。頻繁に行ける距離ではなかったり、忙しくて遺品整理に手が回らないということもあるでしょう。こんな場合は自分で整理するのを諦め、遺品整理専門業者にお願いしたほうが便利です。今回は遠方の遺品整理での業者の利用の仕方について紹介します。

遺品整理専門業者とは

遺品整理専門業者とは、その名の通り遺品整理を専門的に取り扱うプロのことです。一般的な不用品回収業者と何が違うのか気になる人も多いのでしょうが、遺品整理専門業者は残された品々を一つ一つ丁寧に仕分けし、遺族にとって必要なものか否かを判断していきます。単に荷物をまとめて処分するのではなく、法律知識や経験を活かして大切な遺品を適切に取り扱ってくれるのです。

もし不用品回収業者に依頼して回収してもらうと、アルバムや思い出の品、貴重品や重要書類なども他の不用品と一緒に処分してしまいかねません。また、仏壇やご先祖さまの遺影なども適当に扱われてしまう可能性があります。この点、遺品整理専門業者なら相続上重要な遺品やデリケートな遺品のチェックにも慣れているため、遺族としてより安心して整理を任せることができるのです。

プロとして丁寧かつ迅速に遺品整理を進めてくれる遺品整理専門業者のニーズは高まりつつあり、全国各地に業者が存在しています。中には大手の葬祭関連会社が遺品整理専門店を全国展開しているケースもあり、インターネットで探せば手軽に業者を見つけることができるでしょう。ホームページから見積もりができる業者も多く、遠方に住んでいても問題なく遺品整理の依頼が可能です。

遺品整理は立ち会わないとダメ?

疑問

ただ、ここで気になるのが遠方に住んでいる遺族が遺品整理に立ち会えない場合はどうすれば良いのかという点です。遺品整理専門業者に作業を依頼する場合、基本的には見積もり時や作業時に遺族が立ち会う必要がありますが、どうしても立ち会えない場合はどうなるのでしょうか。

結論から言うと、遺品整理専門業者によっては遺族が立ち会わなくても良いケースがあります。全ての業者が立ち合いなしでも対応してくれるとは限らないので、まずは立ち合いなしで依頼を受けてくれる遺品整理専門業者を探すことから始めましょう。できるだけ遺品整理を行う家の近くにある業者を中心に問い合わせ、見積もりにも作業にも立ち会えない旨を伝えます。遺品整理を行う家から近い業者を探すのは、できるだけ交通費や出張費などの実費を節約するためです。家から遠い業者に依頼すると、実費がかさむため費用が高くなることがあります。

また、依頼する前にキャンセル料がかかるかも確認しておきましょう。見積もりを取った後にキャンセルすると、中にはキャンセル料を請求してくる業者もいます。常識の範囲内の金額なら良いのですが、稀に不当な高額請求を行う悪質な業者もいるので注意が必要です。問い合わせの際に必ずキャンセル料や実費について確認し、良心的な対応をしてくれる業者に依頼すると良いでしょう。

良い業者を見つけられたら

立ち合いなしで引き受けてくれる業者が見つかったら、その業者の指示に従って必要な書類や物を郵送しましょう。まず正式な依頼前に見積もりをしなければならないので、遺品整理を行う家の鍵を業者宛てに郵送します。見積もりを行うには必ず家の中に入って実際に遺品の量や内容などをチェックしなければならないので、必ず鍵を郵送する必要があります。家の鍵を他人に預けるということが心配な人もいるでしょうが、これをしないことには見積もりも遺品整理も行えないので、業者を信頼して預けてください。

郵送途中の紛失が不安な場合は、特定記録付郵便にしたり宅配便を利用すると良いでしょう。これならほぼ確実に業者に鍵を届けることができます。業者が見積もりを終えると、メールや書面で見積結果が遺族に知らされます。見積もり結果に納得できればそのまま正式依頼へと移れば良いのですが、もし納得できなければキャンセルして鍵を返送してもらいましょう。

実際の遺品整理作業の内容や流れは各業者によって様々なので、具体的に立ち合いなしの場合どんなサービスを行っているか確認しておくと安心です。中には作業の中で見つかった重要な遺品のリストや作業風景を撮影した写真や動画などを遺族に渡してくれる業者や、作業中に随時遺族に連絡して細やかに確認を取ってくれる業者などもあります。全ての業者が丁寧な報告を行ってくれるわけではありませんが、安心して任せたいならこのようなサービスを行っている業者を選ぶと良いでしょう。

業者

遺品整理のコラム一覧