その他

空き家になってしまった実家の不用品回収

空き家になってしまった実家の不用品回収

苦しい介護生活を経て老親の最後を看取った後にやってくる困難の一つが、実家の片付け問題です。老親が実家にため込んだ物をどう整理していいかわからないと悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?

今回は空き家になってしまった実家の片付け方法について紹介します。

遺品整理ならプロスタッフへ

空き家の片付けの味方

結婚して新たな家庭を持って、実家とは別に住まいを構えている人は多くいます。高齢となった両親と居住を共にしている人ならいざ知らず、両親と離れて暮らしている人は、実家の管理にまでなかなか手が回らないと思われます。

そして、体力が落ちている高齢者が家の掃除や片付けに億劫になること多々あります。老親の葬儀を終えた後、空き家になってしまった実家は不用品で溢れかえっていたという事例は珍しくありません。

たくさんの物が所狭しと無秩序にひしめき合っている状態を目の前にすると、「片付けなければいけない」と思いつつも「どこから手をつければいいのかわからない」と立ち尽くしてしまう人もいるでしょう。空き家になった実家に山積みとなっている不用品の処分に手を焼いている人たちのために、不用品回収業者があります。

不用品回収業者への依頼のメリット

メリット

不用品回収業者に依頼すれば、実家の片付けに手間を取られることはありません。不用品回収業者は、物で混沌となっている実家を迅速に整理してくれます。不用品回収業者に依頼することである程度の費用はかかりますが、労力をかけずに実家を片付けることができるメリットは大きいと思われます。

また、不用品で埋め尽くされているような空間は衛生的にも良くないことが多いので、不用品回収業者に実家の片付けを代行してもらうことで、自分の健康を害さずに済みます。多くの不用品回収業者は片付けの他に簡単な掃除をしてくれます。不用品回収業者によっては、別途料金を支払えば、大掛かりなハウスクリーニングもしてくれます。

さらに、不用品の中に価値のある物があったら、多くの不用品回収業者は買取サービスをしてくれます。不用品が買い取られた場合、不用品回収の作業にかかった費用を請求される際に不用品の買取価格が差し引かれることがほとんどです。

金・プラチナやブランド品が買取の対象になるのはもちろん、家具や家電に値段がつくこともあります。不用品が大量にあって、不用品回収業者を呼ぶと高価な費用がかかることが予想される場合でも、不用品の買取があればいくらか出費を抑えることができるかもしれません。

空き家となってしまった実家の片付けを効率よく進めたい人にとって、自分のスケジュールに合わせて不用品回収業者を呼ぶことは有効な手段です。しかし、悪徳な不用品回収業者が予想以上に高額な費用を請求するという事例も少なくありません。

悪徳な不用品回収業者がよく使う手として、たとえば、作業に予想以上に手間がかかったなどと言って見積もりしていた金額よりも高い費用を追加で請求してくることが考えられます。多くの不用品回収業者では作業にかかる費用の見積もりを無料で実施していると思われますが、作業が終わった後になって見積もりにかかった費用も含めて請求してくる業者も悪徳であると言えます。

また、不用品回収業者の看板を掲げていながらも、安い値段で金やプラチナを売却するように迫ってくるケースもあります。

不用品回収業者の見極め方

不用品回収業者を選ぶ際は、その業者が信頼できるかどうかを十分に検討する必要があります。料金体系が明確であることに加えて、追加料金やオプションのサービスにかかる費用がしっかりと取り決められていることを確認してださい。

先述の通り、多くの業者は不用品回収にかかる相談や見積もりを無料でしてくれますが、そのことも業者に連絡する前に確認する必要があります。いずれにせよ、料金について曖昧である業者は悪徳である可能性が高いと言えます。

悪徳な不用品回収業者はたしかに存在しますが、信頼のできる不用品回収業者が実家にある不用品の処理に頭を悩ませる多くの人を救っていることは事実です。片付けや整理整頓の作業が苦になる人だったら、今となっては自分が住んでいない実家に不用品が散乱していたとしても、そのまま放置しておきたいという思いに駆られるかもしれません。

しかし、空き家となった実家を放置しておくと、老朽化が進んで不動産価値が下がることや、不用品から発生する悪臭などで近隣から苦情がくる可能性が出てきます。不用品が溜まったまま知らない間にゴミの投棄場所と化していて、いわゆる「ゴミ屋敷」に発展することもあり得ます。

ゴミ屋敷のまま放置された空き家は社会問題にもなっています。空き家になっている実家に手をこまねいている人は、自分に弊害が生じないようにするためにも、社会に迷惑をかけないようにするためにも、信頼のできる業者に不用品回収を依頼することをおすすめします。

不用品回収

遺品整理ならプロスタッフへ

その他のコラム一覧