遺品整理

生前整理を行う際の注意点とポイントは?

生前整理を行う際の注意点とポイントは?

「生前整理」を行う人が増えています。言葉を聞いたことはあっても、具体的に何をしたらいいか分からない人も多いのではないでしょうか。「生前整理」とは、自分が亡くなった後に親族が困らないよう、元気なうちに所持品や資産を整理しておくことです。同時に、不用品などの処分も行います。今回は、「生前整理」を行う際の注意点やポイントについて説明しましょう。

「生前整理」を行う人が増えています。言葉を聞いたことはあっても、具体的に何をしたらいいか分からない人も多いのではないでしょうか。

「生前整理」とは、自分が亡くなった後に親族が困らないよう、元気なうちに所持品や資産を整理しておくことです。同時に、不用品などの処分も行います。

今回は、「生前整理」を行う際の注意点やポイントについて説明しましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

趣味や思い出のものなど自分しか分からないものをまとめる

個人的に楽しんでいる趣味の道具やコレクションなどは、本人にしか分からないものがたくさんあります。残しておきたいもの以外は、処分しておくといいでしょう。絵画や陶芸のような、形として残る趣味を持っている人は、欲しい人にプレゼントしておくのも整理の仕方です。

または、亡くなった後に使って欲しい人がいれば、そのまま残しておく方法もあります。習いごとをしている場合は、自分に何かあったときでも家族が分かるように、連絡先を書いておくことをおすすめします。一緒に趣味を楽しむ仲間や、親しい人の連絡先をまとめておくのもいいでしょう。

写真や動画などのデータは、誰が見ても分かるようにカテゴリ別に分け、タイトルなどを付けておくことがポイントです。DVDやCDなどの記録媒体に収めて整理しておくと、自分が亡くなった後に家族が楽しみながら見ることもできます。デジタルデータ以外の写真についても同様です。きちんとアルバムに整理しておいてください。必要があれば家族や親族、知人などに配っておくのもいいかもしれません。

旅行やイベントなどの動画や写真は、撮影してあげても、ついつい渡しそびれてしまう人もいます。撮ったままになっている画像や動画はないか確認しておきましょう。古い携帯電話やスマートフォンの中にも忘れていることがあるので、チェックしてください。写真は、整理をしながら遺影を選んでおくこともできます。または、元気なうちに自分らしいものを撮影しておくのもいいかもしれません。

衣類などは手元に置くもの以外は整理しておく

亡くなった後、遺族が遺品整理をするうえで困るもののひとつに衣類があります。衣類は、「当面着られるもの」「まったく着ることがないもの」「家族に譲れるもの」と分けてしまうのがポイントです。傷んでいるものや、誰も着られないような衣類があれば処分しておきましょう。ほとんど着用していないものだと、なかなか捨てられない人もいるかもしれません。衣類の数が膨大になってしまう人の多くが、着用しない服を捨てられないことが理由としてあげられます。生前整理では、思い切って捨てることも大切です。

ただし、ブランド服の中には古くても買取できるものもあります。バッグなどもそうですが、未使用品か状態の良いものがあれば、査定に出してみるのもいいでしょう。スーツや着物などは、着てもらえる人がいるかどうかで判断してください。まだ着るものは手元に残し、それ以外のものは処分しておくことをおすすめします。スーツも着物も、よほど価値の高いものでないと、残しても着てくれないこともあります。ただ残しておくより、あらかじめ欲しい人がいるかどうか、聞いておくのもいいでしょう。着物は傷みがあると買取は難しくなります。

しかし、古いもので生地としての価値がつくものがあれば、古布として買取に応じてくれる場合もあります。残すものと処分が必要なものを仕分けることができたら、居住地域の規則に沿って適切に処分しておきましょう。

不用品が大量に出てしまった場合や、ゴミ集積所に自力で運べないときには、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。自宅まで回収に来てくれますし、大量に出た場合でも処分してもらえるでしょう。中には処分だけでなく買取にも応じている業者がいるので、自分が求める条件に沿った業者選びをすると、何度も違う業者を利用せずに済みます。

相続するものは公正証書などにまとめておきましょう

家族に相続させたい資産がある人は、分かりやすくまとめておくことが重要です。居住している土地や建物だけの場合は家族も分かりやすいですが、家を何軒か所有している場合や、離れた場所に土地があるという場合は、本人が亡くなってしまうと分からなくなるケースもあります。権利書や登記簿などもあわせ、何がどれくらいあるか明確にしておくのが理想です。預貯金や株券なども同じように明確にしておきましょう。

そして、これらの資産の分配方法について具体的に希望がある場合は、あらかじめ「公正証書」を作成することをおすすめします。「公正証書」は一度作成した後でも、修正は可能です。生前整理をするついでにまとめておき、ときどき見直してみるのもいいでしょう。

公正証書も含め、生前整理を自分だけで行うのは大変な場合もあります。そんなときは、プロにサポートを依頼してください。遠方だと出張費がかかることがあるので、できるだけ居住地の業者であることが理想です。大阪の場合なら、大阪かその周辺地域から探してみましょう。業者によってサービスの内容は異なります。どこまでを依頼したいかで考え、インターネットで検索すると自分に合った業者選びができるでしょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...