遺品整理

残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますので、何らかの方法で処分しようとする人が大半でしょう。

そういった人の為、今回はそうした大型家具の処分方法についてご紹介します。

遺品整理ならプロスタッフへ

大型家具はなるべき買い取ってもらおう

タンスやベッドといった大型の家具の遺品整理には専門の業者に買い取ってもらう方法があります。専門業者である遺品整理業者では遺品となった家具の処分を行っている他、値段の付けられそうなものに関しては買取してもらうこともできます。

さらに、個人で外に出すことが難しい大型家具を専門スタッフが自宅まで出張し、運び出してもらうサービスを展開しているところもあります。また、遺品整理業者には遺品整理士という専門的な資格を持つスタッフや、遺品整理に関して経験豊富なスタッフが在籍しています。どのような家具であってもこのようなスタッフに任せることでスムーズに遺品整理を終えることができます。

生前整理業者という業者も存在します。この業者は生前のうちに不要な物を処分してくれるサービスを展開しており、大型の家具も含めて処分を手伝ってもらうことができます。さらに、ただ回収して処分するだけでなく、古物商の許可を得ている業者であれば回収品を査定して買取してもらうことも可能です。

他にも、リサイクルショップで買取依頼をして家具を処分することも可能です。リサイクルショップではリユースを目的とした買取を行っており、大量な家具の買取も可能となっています。さらに、早い場合は買取の査定額を当日中に出してもらうことができます。事前に買取価格を知りたい場合は、ネットでの簡単見積もりを行っているリサイクルショップも存在します。

店舗によっては出張買取というサービスを展開しているところもあります。実際に利用する際は事前にネットか電話でリサイクルショップへ買取の出張依頼を行い、買い取ってほしい家具の状態や量をあらかじめ伝えておきます。あとは指定した日時にリサイクルショップのスタッフが来るのを待ち、家具の査定と運び出しを行います。

早ければその場で査定額を提示し、現金を受け取ることもできます。注意点として、引越しのシーズンになると混雑する可能性があるため、リサイクルショップの利用を検討している場合は早めに予約を済ませましょう。

買取が難しい場合は

不用品回収

もし、家具の破損や汚れが激しいことで買取してもらえなかった場合は不用品回収業者の利用を検討します。不用品回収業者は家具であれば、どのようなものでも回収してもらうことができます。さらに、曜日に関係なく自宅まで回収に来てもらうことができるため、平日の日中は忙しい方でも利用しやすい特徴があります。

業者によっては、事前に予約しなくても当日中に回収してもらえるので、どの業者を利用するかはよく調べて利用しましょう。そして、家具の運び出しやトラックへの積み込みまでを業者スタッフに任せることができるため、依頼者の負担は少なくて済みます。

注意点としては不用品回収業者に依頼すると基本料金の他、出張料金・運搬費用といった料金を支払う必要があります。ある程度のお金を用意して、かかる費用を事前に確認しておくことが大切です。

次に、自治体で家具を回収してもらう方法もあります。基本的な回収までの流れとしては、まず電話やファックス等で各自治体の粗大ゴミ受付センターへ申し込みを行います。このとき、料金や回収場所、日時を確認しておくことが大切です。

次に、処理券を購入します。これはコンビニやスーパーで購入することができます。注意点として、払い戻しができないため申し込みを先に行ってから購入しましょう。

そして、指定の日時になると購入した処理券に申し込み時に教えてもらった受付番号を記入して、指定された場所に家具を運び出します。自治体の中には、周辺住民に配慮して運び出す時間まで指定されることがあり、指示に従う必要があります。

最後は、専門業者が回収して持ち帰るだけなので、その場に立ち会う必要はありません。また、自治体によっては自宅の中から家具の持ち運びまで行ってもらえるところがあります。自分で持ち出しできない場合はこのようなサービスを利用して少しでも負担を減らしましょう。必要があればクレーンによる作業も行ってもらえます。

フリーマーケットアプリという選択肢も

他にも、ここまで紹介してきたような業者を利用する方法の他に、自分が住む地域のインターネット掲示板やフリーマーケットアプリを利用して処分する方法もあります。地域の掲示板では有料・無料のどちらかを選んで処分したい家具を登録し、買い取りたい人を探します。

買い取り手がついたときは配送サービスを利用する以外に、自宅から近い方の場合は自分で家具を持っていき引き渡すことができます。このサービスを利用する際は買取後のトラブルを防ぐために、なるべく細かい家具の情報(キズや汚れ等)を記載しておきましょう。

そして、フリーマケットアプリでは基本的に有料で家具を出品します。ブランド名や購入してからの期間、家具の状態等を細かく記載しておきます。買い取りたい人が現れれば、家具を配送して完了です。特徴としては、全国のアプリ利用者を対象に家具を出品できるため、買い取り手が付きやすくなっています。

業者へ回収や買い取りを依頼するよりも少し手間がかかるというデメリットはありますが、選択肢の一つとして考えるのも良いかもしれません。

ネットで

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...

  • 遺品整理

    神戸の遺品整理事情

    地域の特色によって遺品整理の事情は異なります。場所によっては遺品整理がしやすいケースもありますし、逆に遺品整理がしにくいケースもあります。 そもそも遺品整理をす...