その他

実家がゴミ屋敷に!親が生きてるうちにできること

実家がゴミ屋敷に!親が生きてるうちにできること

もしも実家がゴミ屋敷になっていたら、恥ずかしくて相談できないという方も多いでしょう。ですが一度ゴミ屋敷になってしまったら、そこの住人だけに任せておいても何も改善しません。それどころか、さらにゴミを増やしていって、いつ家の中で事故が起きたとしてもおかしくないのです。

もしそんなことになれば、そのゴミ屋敷の掃除から遺品整理まで全て残された家族が引き受けなくてはなりません。そんな時にどうすればいいのか、親が生きているうちに何ができるのか、具体的にご紹介しましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

まずは家主の親を説得しよう

まず、自分で片付けるにも業者に依頼するにも親を説得する必要があります。家族とはいえ、そこに住んでいるのは親であり主導権を握るのも親なのです。それを無視して片付けを強行すれば、親子関係にひびが入る可能性もあります。円滑に掃除を進めるためにも、気合を入れて第一の障害を取り除いてください。

スムーズに親を説得するのに大切なのは、ゴミ屋敷になってしまった原因を探ることと説得の材料を揃えることです。体力の衰えや体が思うように動かないせいで片付けられないなら説得は難しくないでしょう。ですが、認知症や精神的な問題によって片付けられないケースですと説得が難しくなります。

そういった場合は、ひたすら説得材料を集めてください。ご近所からの苦情があってこのままだと孤立してしまうこと、家の中で怪我をする危険があること、不法投棄や放火で狙われやすいこと、ホームヘルパーなどの介護サービスが難しくなることなどを伝えてみましょう。

その時、自分の考えを押し付けたり、怒鳴ったりしないことが大切です。常に親を心配している気持ちを忘れないでください。ゴミ屋敷の片付けや生前整理を請け負っている業者など、第三者を交えて説得すると両者ともに冷静に話し合えます。

掃除を始められる段階になったら次のことに気をつけましょう。うっかり地雷を踏むと、せっかく説得したのが無駄になってしまうかもしれません。

気をつけたいのは、親に確認せずに物を動かしたり捨てたりしない、直接捨てるのではなく一先ず移動する、プライドを傷つけない、プライベートスペースを守るなどの点です。早く片付けようと気が焦っていると、ついつい親の気持ちを考えずに進めてしまいます。ですが、自分自身の意思で片付けたんだという実感がないと、せっかくキレイにしてもすぐにゴミ屋敷に逆戻りしてしまう可能性があります。

とくに掃除のし始めはまだ抵抗があるので、なるべく親のプライベートスペースから離れた場所から手を付けていくのが安全です。玄関や客間、物置や勝手口などから掃除を始めて、まずは一部屋をキレイにしてみてください。スッキリ片付いた部屋を見れば、親も片付けようという気持ちが高まります。

自分で掃除する場合

自分たちだけで掃除をするつもりなら、まずは自治体のゴミ収集のスケジュールとゴミ出しのルールを確認し、掃除に必要な道具をそろえましょう。ゴミ袋は50枚以上用意し、軍手やゴム手袋、マスク、エプロン、上履きなど、掃除中の怪我を防ぐ道具も必要です。他にも掃除用具一式とガムテープやとじ紐、分別用の段ボール箱と飲み残しを捨てるバケツ、油性マジック、殺虫剤やぼろ布なども用意しておきます。

長期戦を覚悟しているなら少しずつゴミ出しをしていけばいいですが、短期で決着をつけるつもりならゴミ収集センターにゴミを運び込むための軽トラックも必要です。

ゴミを片付ける順番は、玄関から始めて通り道を作るように進んでいきます。できれば最初は窓の方向を目指して風通しをよくしましょう。

それから居間をかたずけて広いスペースを確保し、台所やトイレ、風呂に洗面所などの水回りを片付けます。これでかなり生活しやすくなるはずです。

あとは寝室や和室など残った部屋を片付けていってください。人数や家の大きさにもよりますが、一軒家をまるごと片付けるのには相当の期間かかると踏んだ方がいいでしょう。

業者に頼む場合

しかし、自分たちで掃除するにも限界があります。実家から離れた場所に住んでいる場合や、仕事などで忙しい場合、体力的に難しい場合などは業者に依頼することも視野に入れてください。無理をし過ぎて体を壊したり、ゴミ山が崩れて怪我をする可能性もあります。

ゴミ屋敷の掃除や生前整理を請け負う業者に依頼すれば、片付けのノウハウと人海戦術によって短期間で片付け可能です。使えなくなった家具や家電もまとめて回収できるため、ゴミごとに分別したり処分方法を調べたりする手間もありません。中には無料回収や買取できるケースもありますし、短期間で済む分、仕事を休んだりする必要はなく、一概に業者に頼むと高くつくとは言えないでしょう。

もちろん、親が納得した上で依頼する必要はありますが、自分たちだけで掃除を始めることができたなら、業者に頼むのを納得してもらうのも難しくはないはずです。親に安心で安全な人間らしい生活を送ってもらうためにも、実家がゴミ屋敷と化した時はなるべく早いうちに対処するようにしてください。

業者

遺品整理ならプロスタッフへ

その他のコラム一覧