遺品整理

遺品整理業者ごとの見積もり額が違うのはなんで?

遺品整理業者ごとの見積もり額が違うのはなんで?

遺品整理業者を上手に活用すると非常に便利です。親族が亡くなってすぐの場合は、遺品整理を行う気持ちが整っていなかったり、遠方にいるため整理するのは物理的に難しかったりするケースがあります。そのようなときに遺品整理業者に代行を依頼すると、迅速かつ、きれいに片づけてくれるでしょう。

しかし、利用するには費用がかかります。少しでも安くするために相見積もりを依頼すると「各業者で見積額がバラバラ」ということもありがちです。そこで、今回は「なぜ遺品整理業者の見積額は異なるのか」について紹介します。

遺品整理ならプロスタッフへ

見積価格が違う理由1 各業者の経営スタイルが違うから

遺品整理を業者に依頼するには、まず「どこまでを業者に依頼するか」を決める必要があります。遺品整理で代行を依頼する主な内容は3つです。「不用品と遺品を分ける分別作業」「買取が可能な物や保管する物を大切にとっておくための梱包作業」「廃棄物を処分場へ運搬するための収集作業」に大別できます。特に、分別作業には手間暇がかかりますので、依頼すると費用が高くなるケースが多いでしょう。

また、それぞれの作業ごとに人件費が必要となりますが、それには「業者の内部事情」が大きく影響します。業者の規模が大きければスケールメリットを活かして、多少人件費を抑えることも可能でしょう。

逆に、繁忙期に依頼すると高く見積もられてしまうことがあります。遺品整理業者も利益がなければ事業を継続できません。

しかし、費用と収益のバランスについては各事業者によって異なるので違いが発生するのです。

また、「梱包資材や運搬にかかる費用」も各業者によって異なります。梱包資材などの消耗品は大量に仕入れるほど安くなる傾向にあります。そのため、業者ごとの仕入れ事情によって見積費用も異なる傾向です。運搬費用に関しては、各業者の事務所と遺品整理場所までや、そこから処分場までの距離は業者によって異なります。距離が遠くなればなるほど、ガソリン代や人件費がかかるため見積価格も高くなるでしょう。

さらに、「不用品をリサイクルするか」「廃棄物処理場へ運ぶか」によっても違ってきます。これらの要因は見積書だけでは判断できません。各業者の経営スタイルによって違いがでるというわけです。

見積価格が違う理由2 遺品整理を行う現場の状況

 

見積価格が違う理由には、業者の内部事情以外にも「依頼主の状況を業者がどう判断するか」というものがあります。例えば、「遺品の多さでどれぐらいの処分費用を見積もるか」が違うのです。一般的には遺品の数が多ければ多いほど、分別作業や梱包作業は時間を要しますし、収集・運搬も費用がかかります。業者ごとによって「これぐらいの遺品数であればこの値段」という概算金額はありますが、この金額は各業者によって違うというのも覚えておきましょう。

また、概算金額については一般的に遺品整理をする家の大きさで判断します。

例えば、「1LDKは10万円」「2LDKなら15万円」といった具合です。このように、遺品の多さや部屋の大きさによって値段が変わるのは引っ越しの料金設定に似ていますが、業者の中には「作業環境」によっても見積額が変わるケースがあります。

例えば、遺品整理を行う住宅がマンションである場合、「エレベーターがあるかどうか」で見積額が変わるというケースです。エレベーターがないと遺品整理業者の従業員が手作業で荷物を運びだすことになるので、時間がかかったり作業量が増加したりします。そのため、業者によっては見積額を高くしてくる場合があるのです。

また、同じような理由として「道路幅が狭く、遺品整理を行う住宅の近くにトラックを止められない」というケースがあります。業者によっては運搬方法を工夫したり、小型のトラックを持っていたりして見積額を安くしてくれるケースもあるので、見積額が違ってくるというわけです。

見積もりが安すぎる業者は要注意!

 

業者によって見積額が違う理由としては大きく分けて「業者の内部事情」「作業する現場の状況」の2つがあります。

しかし、結局のところ、それらをどのように判断するかは業者次第だということです。「どこまで利益を追求するか」の考え方が業者ごとに異なるため、見積額が違うといえます。そのため、少しでも安く遺品整理業者を利用したい場合には、複数社に見積もりを依頼するとよいでしょう。大阪にはいくつもの業者がありますので、自分の条件や相性を考えながら探してみてください。

ただし、注意しなければならないのは「見積もりが安すぎる業者」です。見積額が安すぎる業者の中には「多くの遺品を勝手に不用品と判断して処分する」「不用品を不法投棄する」といったケースがあります。

つまり、分別や梱包の手間を省略して1件あたりの単価を安くすることや、不法投棄することで必要な処分費用を不当に安くするということです。本来必要な遺品まで処分されてしまったり、不法投棄によって迷惑をかけたりするような行為は気持ちの良いものではありません。

また、トラブルが発生してしまうとかえって余計な費用がかかってしまい、結果的に高くつくことも考えられます。見積もりを複数とった結果、とびぬけて安い業者があれば「何か裏があるかも」と考えて慎重に内容を精査するほうがよいでしょう。インターネットの口コミを参考にするのもひとつの方法です。

ただし、多くの遺品整理業者は善良で、うまく利用することで遺族の負担も軽くなります。見積額の内訳や違いをよく理解して、自分の希望に合った遺品整理業者を利用するようにしましょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...