遺品整理

遺品整理の悩み解消!知っておきたい手間やコストを抑えるコツ

遺品整理の悩み解消!知っておきたい手間やコストを抑えるコツ

故人が大切にしていた物や生活スペースの片づけには、少なからず時間や手間がかかってしまうものです。「遺品整理をしたくても人手がない」「精神的に負担が大きい」などの理由で手を付けられていないといった人も少なくありません。

なかには、遺品整理業者を利用したくても費用や作業内容が分からずに不安に思っている人も多いことでしょう。

そこで、今回は遺品整理業者を利用する前に知っておきたい料金や作業内容はもちろん、安心して任せられる業者を選ぶコツについてもご紹介していきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理を依頼する人が増えている理由

高齢化が進む一方で、遺品整理を業者に依頼する人が増えています。遺品整理をしなければいけない遺族が高齢である場合や、核家族化によって家族と離れて暮らしているケースだと遺品整理が難しいことも少なくありません。

このような顧客のニーズを考えて、遺品整理をビジネスチャンスと考える動きもあります。2015年の大阪府人口統計によると、65歳以上の高齢者は234万人以上で高齢化率は26.6%にのぼります。今後、高齢化はさらに進むことが考えられるでしょう。

しかし、大阪府には遺品整理に対応できる業者が60社以上あるので、必要に応じて業者を利用することも可能です。

ただし、遺品整理を専門に行う業者もあれば、不用品回収・清掃業者などがオプションサービスとして対応しているケースもあります。そのため、内容や価格をしっかり確認してから利用することが大切です。

遺品整理を専門で行う業者の場合、見積もりを取って料金とサービス内容を確認してから作業を開始します。貴重品やリサイクルできる物と不要な物を仕分けして、処分まで行ってくれるところが多い傾向です。

また、室内清掃は作業に含まれていることもあれば、オプションサービスとしている業者もあります。大切な家族の遺品をまとめるには心の負担も大きくなりがちです。遺族の負担を軽減するのであれば、遺品整理に特化した業者を利用すると良いでしょう。

遺品整理の手間や負担を軽減する方法

 

もちろん、遺族だけで遺品整理を完了させることもできますが、手間がかかるだけでなくメンタル面にも負担がかかりがちな作業です。遺品整理をできるだけスムーズに進めたい人は業者を上手に利用しましょう。

遺品をどうするべきか悩んでいる場合は、まずは専門業者に相談したり見積もりを依頼したりするのもおすすめです。これまで、たくさんの遺品や遺族と向き合ってきた業者ならではの目線で、的確なアドバイスをしてもらうことができます。遺品整理のタイミングや予算は各家庭によって異なるので、焦らずにゆっくりと進めていきましょう。

すべての作業を業者に任せることで手間を最小限にとどめることができます。費用が気になるようであれば、できるところは自分たちで行って難しい部分だけ依頼することも可能です。

例えば、生活ごみや不用品をある程度片づけておいたり最後の室内清掃は自分たちで済ませたりできればコスト削減につながります。料金プランの安さだけにひかれて業者を選んでしまうと、遺品の取り扱いやサービス面でトラブルが起こることも考えられます。

また、遺品整理が原因で相続トラブルに発展したというケースもあります。思わぬトラブルを引き起こさないように、自身で生前整理サービスを利用する高齢者も増えているようです。

業者を選ぶコツが知りたい!

遺品整理を業者に依頼しようと思っても、業者数が多すぎて悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。大阪市内だけでも遺品整理に対応できる業者は20件ほどあります。どこに依頼すれば安心して故人の遺品を片づけてもらえるのか悩んでしまうときには、ホームページや口コミで情報を集めながら見積もり依頼をするのがおすすめです。

遺品整理士がいる業者であれば、リサイクル品や廃棄物に関する知識があり正しい処理をすることができます。スムーズに適切な遺品整理をしてほしいと考えている人は、遺品整理士が在籍しているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。

また、単に資格を持っているだけでなく、これまでの実績も豊富であるかどうかが大きなポイントになります。臨機応変に対応できる業者であれば依頼者の希望に合った対応をしてもらうこともできるでしょう。

しかし、多くの業者は作業マニュアルが存在しているので、無理難題は叶えられないことを頭に入れておく必要があります。

そして、業者に依頼するとなると費用が気になってしまう人もいるのではないでしょうか。一般的には、基本料金に不用品の処分料を加えた価格が請求されます。リサイクルできる品物があれば買い取り料金を差し引いてもらうことができるのでお得です。

また、出張料金やオプション料金が発生すると料金が高くなってしまうことも考えられるので、基本料金にはどのようなサービスが含まれているのかを確かめておく必要があります。第三者である業者が介入することで思い出の品々の片づけがスムーズになりますが、「信頼できる業者であるかどうか」をしっかり見極めることも大切です。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...