遺品整理

遺品整理に最適な時期ってある?すぐした方が良い?

遺品整理に最適な時期ってある?すぐした方が良い?

家族が亡くなるとさまざまな手続きや作業が発生します。遺品整理もそのうちのひとつ。葬儀や法要などはいつ行うべきかある程度目安はつきますが、遺品整理はどの時期に行うのが良いのでしょうか?遺品整理を行う時期がわかれば、ほかの手続きや法要と合わせて予定を立てることが可能です。

今回は、遺品整理に最適な時期はいつなのか、法律で定められた期限はあるのか、遺品整理の時期で気をつけるべきポイントは何か、などについて解説していきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

期日はある?一般的に多い遺品整理の時期とは?

法律上、遺品整理をするべき時期や期限は特に決まっていません。遺品整理に最適な時期は家庭の事情で各々違います。一般的に、四十九日を迎えてから遺品整理を始める家庭が多い傾向にあります。四十九日とは、故人が極楽浄土に行けるかどうかが決まる大切な日。家族は四十九日までのあいだ、故人の旅路を祈るため7日ごとに法要を行います。四十九日が過ぎると故人の魂は来世へと旅立ち、遺族も日常生活に戻ります。行事のうえで区切りをつけやすく、遺品整理の時期に選びやすいようです。

百日法要を機に遺品整理を始める家庭も存在します。百日法要は卒哭忌とも呼び、遺族が悲しみから卒業して泣くことをやめる日とされています。遺族のなかには悲しみからなかなか立ち直れず、遺品整理をする気持ちになれない場合も多いものです。法要を経るごとに気持ちの整理もつき、遺族が一堂に会する機会でもあるので、四十九日同様、遺品整理の時期として選びやすいのではないでしょうか。

ただ、百日法要が過ぎても気持ちが遺品整理に向かわなかったり、仕事や住んでいる場所の事情で遺品整理の時間がなかったりする人もいるでしょう。また、住居の問題や相続の問題で、早急に遺品整理を行わなければならないケースもあります。遺品整理の時期は法的な決まりがない分だけ、家庭の事情によって最適なタイミングは大きく異なります。

いずれにしても、遺品整理は手間と時間とコストがかかる作業。時間が経つと放置状態になる可能性もありますので、特別な事情がない限りは早めに取りかかり、計画的に遺品整理を進めていくと良いでしょう。

持ち家と賃貸では遺品整理の時期は変わる

賃貸

遺品整理をする時期を決めるうえで目安になるのが、故人の住居が持ち家なのか賃貸住宅なのかです。住居が持ち家であれば、遺品整理を急ぐ理由はさほどありません。遺族がそのまま住み続けるのであれば、気持ちの整理がついてから少しずつ整理できるでしょう。

早めに遺品整理を進めなければならないのは、故人が賃貸住宅に1人で住んでいた、もしくは故人が亡くなり家族も別の住居に引っ越す場合です。通常、賃貸契約は月末締めがほとんどです。多くの賃貸住宅では、早急にその部屋を引き払う必要があります。誰も住んでいないのに家賃を払い続けるのも大変ですので、一般的には月末までに遺品整理を進める人が多いです。

故人の住居と離れた場所に住んでいる、仕事が忙しくて有給が取れないなどの事情があると、葬儀終了直後の短期間で遺品整理に取りかかるケースもあります。日本の会社では有給休暇の日数は法律で決まっているものの、多忙で有給が取りにくい職場がたくさん存在します。

忌引き休暇であれば、故人との関係性によって3日~10日間は休みをもらえます。忌引き休暇は普通の有給よりも都合がつきやすいのがメリットのひとつ。遺族にとって非日常に放り出されている葬儀直後のほうが、忙しく立ち回って悲しい気持ちが紛れるという側面もあります。賃貸住宅を引き払うタイミングによっては、日割りで家賃が戻ってくるのも利点です。遺品整理の時期を決めるなら、住宅事情や遺品の量、自分の仕事の都合などを考慮して決めると良いでしょう。

トラブル回避のために!遺品整理の時期で気をつけるポイント

ポイント

遺品整理の時期で気をつけるポイントは3つです。1つ目は期限のない遺品整理より、故人に関する書類手続きを優先することです。死亡届は家族が亡くなってから7日間の内に市町村役場に届け出を出します。火葬許可証の発行は告別式までに行いますが、死亡届と一緒に申告するのが一般的です。葬儀業者によっては、死亡届の提出と火葬許可証発行を代行してくれます。家族が亡くなると遺族は葬儀の打ち合わせや親族、知人への連絡などで忙しくなりますので、葬儀業者に依頼するのがおすすめです。

2つ目は、遺品整理業者の利用を検討すること。何らかの事情があって遺品整理ができないと、ダラダラと時期が延びてしまいがちです。遠方に住んでいて遺品整理が難しい、故人と疎遠で遺品整理がしにくいなどの状況でも、業者によっては遺族の立ち会いなしで遺品整理を進めてくれます。

遺品整理業者といっても、リサイクル業や不用品回収業などほかの業種がメインの場合があります。それらの業者が必ずしも悪いというわけではありませんが、遺品整理業者にはさまざまな種類がある点は把握しておくと、その家庭にあった業者を選びやすくなります。

3つ目は、遺品整理は遺族全員で行うことです。一部の遺族で勝手に遺品整理を進めてしまうと、相続や形見分けでトラブルになるおそれがあります。故人に対しての思いは遺族それぞれです。遺族全員で整理作業ができないにしても、必ず数回は遺品整理についての話し合いを設けるようにしましょう。”

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...