空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

  • 遺品整理

両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家を解体するのに躊躇ってしまう、解体の手続きなどが面倒でそのままにしているという人も多くいますが、そのままにしておくとデメリットが大きいです。

今回は空き家になってしまった実家の解体事情について紹介します。

空き家の放置の問題

空き家は管理せず放置しておくことによって家が弱り倒壊してしまう可能性もありますし、敷地内で倒壊するだけならまだいいですが、隣の家になだれ込んでしまえば大きな問題になります。

また、管理をきちんとしようと思えば、庭木の手入れや建物の管理など手間も費用もかかるでしょう。土地を売却しようと思っても空き家があることで買い手がつかないという問題もあります。

このような問題を解決するためには、空き家になった実家を解体することが必要になります。しかし、いざ解体しようと思ってもどうすればいいのかわからない人も多くいます。その為、今回は、実家を解体するためにはどのぐらいの費用がかかるのか、注意するポイントはあるのかといったことについて見ていきましょう

空き家の解体にかかる費用はどれくらい?

まず、解体費用がどのぐらい必要になるかということですが、これは実家がどのような建物かによって変わってきます。木造の場合には一坪あたりの単価で20,000円~30,000円ぐらい、鉄骨の場合には30,000円~40,000円程度、鉄筋コンクリートの場合には40,000円~50,000円ぐらいというのが相場です。平均すると35,000円程度でしょう。

たとえば実家の大きさが30坪だったという時には、解体費用は平均して105万円程度になるということです。この金額に加えて、その他の工事費用、たとえば人件費や重機の運搬費用、解体する時の仮囲い、防音パネルといった諸費用もかかりますので注意してください。

このように解体費用は大きな額が必要になりますから、なかなか解体に踏み切れないという人も少なくありません。そのような時には、解体費用助成金制度を利用するという方法もあります。自治体によっては空き家を解体するのに助成金を出しているというところがありますから、自分の住んでいる自治体や実家がある自治体の制度を確認してみましょう。

助成金制度がある自治体でも、ある程度条件があります。建物が古くて倒壊の恐れがあり人的被害が起こる可能性のある老朽家屋である、税金を滞納していない、新築工事をするための解体工事ではない、という条件に当てはまっていれば助成金を受けられる可能性が高いので自治体に相談してみてください。

空き家になった実家を解体することで、固定資産税が高くなる場合がありますのでその点も注意が必要です。正確には家を解体することで固定資産税特例措置というものを受けられなくなり、土地の固定資産税が変わってしまいます。

土地だけを所有しているよりも不動産があった方が税率が優遇されるので、建物を解体したことにより実質税金が上がるということがあるのです。ただ空き家を管理するのもお金がかかるので、解体して更地にした状態で所有するなら、売却するなりした方が長い目で見るといいでしょう。

費用

実際の工事を行う時の注意点

次は、実際に工事をするときの注意点を見ていきましょう。

まず、工事をする前にいくつかの業者に見積りを取ってもらって、比較してみてください。家屋の解体費用、付帯工事、不用品の処分費用、諸経費、追加費用などの項目に分けて見積書を出してくれるはずですので、それぞれについて比較してみましょう。

この中でも特に注意してほしいポイントが追加費用です。解体してみたら地中に井戸や過去の基礎などが発見されるケースがあります。モノによっては大きな撤去費用が必要になることもあるので、地中に埋設物があった場合の対処についてあらかじめ確認しておいてください。

次に、工事を始める前にご近所さんにあいさつをしにいきましょう。基本的には解体工事をする業者の方があいさつに回りますが、その時に一緒に回って「解体工事をするためご迷惑をおかけします」ということを言っておくとご近所トラブルに発展する可能性が低くなります。

もし、実家が遠くで業者に任せっきりという場合には、挨拶状を書いて送るという方法もあります。解体してもう住むことがないとはいっても、周囲への配慮は重要です。

家の中の家財類を整理しておくことも大切になります。タンスやベッドなどの不用品、貴重品と要らないものの仕分けなどをしておくとスムーズに解体が進みます。また、まだ使えるような家電があればリサイクルショップに買取してもらうなどしておきましょう。

遺品整理のサービスを行っている業者もありますので、家の中にモノがたくさんあって片付けるのが大変、遠方に住んでいてなかなか片付けに行けない、という場合には、費用はかかってしまいますが遺品整理をしている業者で見積りを取って遺品整理をしてもらうのも一つの方法です。

工事