遺品整理

相続放棄をする予定だけど遺品整理しても大丈夫?

相続放棄をする予定だけど遺品整理しても大丈夫?

亡くなった方の配偶者や子ども、あるいは親や孫は、相続人となって遺産を引き継ぐ権利を得ます。

ただ、引き継ぎたくない事情があるなら、その権利を放棄することも可能です。

しかし、相続放棄についての知識がないと、うかつに遺品整理をしてしまい相続放棄ができなくなったという事態になりかねません。ここでは、相続放棄と遺品整理の関係についてご紹介いたします。

遺品整理ならプロスタッフへ

相続放棄の条件を知っておこう

相続放棄とは故人の財産の相続を放棄することです。故人が残した財産は相続財産と呼ばれます。不動産や現金など形のあるもの以外に債券などの目に見えないものも相続財産です。プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も放棄できます。

しかし、民法第921条によると、相続人が相続財産の全部または一部を処分すると相続放棄は認められません。処分とは片付けたり、売ったり、壊したりすることです。相続放棄をすると最初から相続する権利がなかったという扱いになります。

しかし、故人の財産を勝手に処分できるのは相続権がある人だけです。そのため、先に遺品整理で相続財産を処分すると相続の意思があるとみなされてしまい、放棄することは認められなくなります。相続放棄が認められた後に処分した場合も同様です。

ちなみに、プラスの財産を売却した場合だけでなく、借金を一部でも返済してしまった場合も相続財産を処分したとみなされるので気を付けましょう。誤って処分してしまった場合は単純承認という形で相続することになります。

単純承認とは、故人が残した財産に含まれるすべての権利、義務を承継することで、マイナスの財産も相続しなければなりません。相続財産を処分する以外に、相続の開始を知ってから3カ月以内に手続きを行わなかった場合も単純承認とみなされます。一般的に、相続の開始を認識したと判断されるのは故人の死について連絡があった時点です。相続放棄・単純承認の他に、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた額を相続する限定承認という方法もあります。

しかし、限定承認は相続放棄を考えている場合にはあまり選択されることはありません。相続放棄をする予定の方が遺品整理をする場合、重要なのは相続放棄と単純承認のどちらになるのかです。

遺品整理をしたら相続放棄ができなくなる?

では、どのように遺品整理をすれば単純承認にならず、相続放棄ができるのでしょうか。

簡単にいえば相続財産を処分しなければいいのです。プラスの財産なら不動産、自動車、現金、預貯金、有価証券など、マイナスの財産なら借金、負債、損害賠償責任などが相続財産にあてはまります。生命保険金や死亡退職金など、状況によって相続財産にあてはまるかどうかが変わるものもあります。相続財産の見分けがつけばそれ以外の物は遺品整理が可能です。明らかに相続財産だと判断できるものは、そのままにしておけば良いので問題ありません。

気を付ける必要があるのは相続財産かどうか分からないものです。実際、処分しても大丈夫だと判断したものの中に相続財産に該当するものがあったため、相続放棄が認められなかったケースもあります。

特に、債務がある場合、債権者は相続人に支払いをしてもらいたいと考えているので、相続財産を処分したから放棄は認められないとして訴訟を起こす可能性があります。そういった事態を回避するには、相続財産を見分ける法律知識が必要であるため、相続放棄に詳しい弁護士や司法書士に相談してみましょう。経験が豊富な専門家なら適切な判断が期待できます。

自分で遺品整理をするときの注意点

故人が住んでいた家が賃貸物件なら退去するように連絡が来ます。孤独死や自殺をした場合は、周辺住民から臭いや虫の発生などで苦情を受けるかもしれません。

あるいは、自分は大阪に住んでいて北海道の親が亡くなったなど、簡単に通えない距離があるから帰る前に遺品整理を済ませないといけないケースもあるでしょう。専門家に相談してから遺品整理をしようと思っても、このようなケースでは早急に片付けなければいけない場合も少なくありません。それでは、自分で遺品整理をするにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか。

まず、ごみは処分しても問題ありません。生ごみはすぐに片付け、最低限の掃除はしておきましょう。そうすれば近隣住民からの苦情には対応できます。

次に、物の処分に関しては、明らかに財産価値のない日用品などは処分しても大丈夫ですが、少しでも判断に迷うものであれば、そのままにしたほうが無難です。

特に、故人の思い出の品を形見分けする場合は要注意。貴金属や骨董品などが思い出の品であることも多いですが、そういった高級品は相続財産に含まれます。

また、故人の住宅が賃貸物件の場合は大家さんや管理会社に相談して引き渡しを遅らせてもらいましょう。相続放棄をする予定だけど遺品整理を先に終わらせたい事情があるという方は、遺品整理を依頼する業者をよく見定める必要があります。知識がない業者に頼んでしまうと、相続財産を処分してしまい相続放棄ができなくなるかもしれません。その業者が相続放棄についての知見もあるのか、実績や評判などで判断します。

自信がない方は、まず相続放棄に詳しい弁護士や司法書士に相談してから、信用できる遺品整理業者を紹介してもらうと良いでしょう。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...

  • 遺品整理

    神戸の遺品整理事情

    地域の特色によって遺品整理の事情は異なります。場所によっては遺品整理がしやすいケースもありますし、逆に遺品整理がしにくいケースもあります。 そもそも遺品整理をす...