相続トラブルは避けたい!元気なうちにしておきたい生前整理とは

  • 遺品整理/生前整理

相続争いは家族を分断する大変悲しいものです。仲が良かった家族でも、大切な人が亡くなった悲しみがストレスとなって思ってもいないことをいってしまったり、ささいなことでもイライラしてもめたりすることは珍しくありません。「家族仲が良い自分たちには遺産相続は起きないだろう」と考えずに、残される遺族への贈り物として、生前にできることは元気なうちにしておきましょう。

相続争いは家族を分断する大変悲しいものです。

仲が良かった家族でも、大切な人が亡くなった悲しみがストレスとなって思ってもいないことをいってしまったり、ささいなことでもイライラしてもめたりすることは珍しくありません。

「家族仲が良い自分たちには遺産相続は起きないだろう」と考えずに、残される遺族への贈り物として、生前にできることは元気なうちにしておきましょう。

まずは知っておきたい生前整理のこと

生前整理とは、自分の死後家族が遺品整理で苦労しないよう、身の回りにある物を整理し財産関係のことについてきちんと取りまとめておくことを指します。生前整理の中でまずやっておきたいのは、「必要な物」と「不要な物」を分けて不要な物はきちんと処分することです。家の中には、若いころからずっと置いてあって、今後も使う予定がない物がたくさんしまってあることは珍しくありません。

もし、家が物でごちゃごちゃしている状態で本人が亡くなってしまったら、残された家族は、最初に遺品整理をしなければならなくなります。当然、「誰が遺品整理をするか」でもめる可能性があるかもしれません。

さらに、家族の中で「何をとっておきたいか」「何を捨てたら良いか」は見解が分かれるため、こちらも争いの火種を生むことになるでしょう。生前整理を行わなかったばかりに、残された家族が争うことは故人にとっても本望ではないはずです。そのため、元気なうちに、きちんと自分の手で生前整理を行うことは重要といえます。

ただ、生前整理をやろうと思っても、荷物がたくさんあると、ひとりですべてを行うことは難しいかもしれません。なぜなら、「必要な物」「不要な物」を分けることはできても、いらない物を処分するのには手間がかかることも多いからです。

特に、大型の家具などでは、家の中から外に出すだけでもかなり苦労します。生前整理を行う際に利用したいのが不要品回収業者です。不要品回収業者は日本全国に展開しており、とりわけ東京や大阪などの都市圏にはたくさんあります。見積もりを複数の業者に出して、お得で仕事が丁寧なところにいらない物の処分を依頼してみましょう。

正しく生前整理を行わないと相続争いの火種に

生前整理といっても、ただ単に物を処分するだけではありません。遺産相続に関係する遺言状や財産目録の作成、生前贈与の有無、持ち家の名義変更なども生前整理に含まれます。遺産相続が起きやすいケースのひとつには遺言状がないことが挙げられるでしょう。

遺言状で遺産が誰にどの程度分けられるのかが明記されていない場合は、親族間でトラブルに発展する可能性が高くなります。遺言状作成前に持ち物を整理しておくと、「自分の財産がどのくらいあるのか」再確認することができて遺言状の作成も楽になるでしょう。

また、遺言状は、単に内容を書いただけでは法的な効力を満たさないことがあります。遺言書としての書式をしっかり押さえて、正しく書いておかないと争いの火種になるので注意が必要です。同様に、物を整理しておくと財産目録の作成もスムーズになります。

特に、ひとり暮らしをしている人の遺族は、故人がどのような財産が持っているのか知らないことも多い傾向です。「何が相続財産に該当するのか」について明確にするためにも、財産目録の作成は大切といえます。

また、財産目録を作る際には「どのくらいの価値があるのか」を明記することが必要です。こちらも、物を整理しておくことで、「どのくらいの価値があるのか」を思い出すきっかけになることでしょう。

手続き系の生前整理は遺族の手間を多いに減らす

生前整理としてきちんとやっておきたいこととして、「手続き関係」が挙げられます。生活をしている限り車や保険、銀行、電話など、さまざまなところと契約や手続きをしているものです。生前に整理できる手続きを本人がしておかないと、後で遺族がすべて行わなければならないので大変な苦労をかけてしまいます。

特に、遺言状が残っていない状態で不動産の名義変更をする場合には、遺産分割協議を開いて相続人全員の合意で遺産の分け方を決定しなければなりません。相続人や持っている不動産の数が多くなるほど、相続争いに発展する危険性が高まります。

うまく話し合いがまとまったとしても登記に関する書類や申請書の作成などは、家族が亡くなった悲しみにくれる遺族にとってはストレスです。銀行やクレジットカードなど生前に本人が行えば簡単に解約できる手続きはたくさんあるので、家族のためを思って早めに手続き関係のことは完了させておきましょう。

これまで見てきたように、生前整理を行わないと遺族への負担が増し、遺産相続の引き金になることもあります。物の整理に関しては、遺族が遺品整理業者を利用して行うこともできます。

しかし、生前に本人が自分の手で「必要な物」「不要な物」を分けるほうが、遺言状や財産目録の作成に役立ちますし、不要品を処分する際に発生する費用を節約することも可能でしょう。

なぜなら、遺品整理を依頼する場合は、業者が遺品と遺品ではない物を見分けるため、その分コストが発生するからです。

生前整理は家族の未来を左右するとても大切な物なので、今一度よく考えてみてください。