生前整理

生前整理の「残しておくもの」リストの作成方法

生前整理の「残しておくもの」リストの作成方法

近頃、「生前整理」という言葉を聞くことが多くなった方もいらっしゃると思います。後々の事を考えるとそろそろしなくては、と思いつつも、整理する中で何を残して何を捨てるべきかを悩む方も多いと思います。

このページでは生前整理での「残しておくもの」を決めるための方法をご紹介します。

遺品整理ならプロスタッフへ

生前整理は何のため?

生きている間、私たちは物に囲まれて生活しています。必要な物もあれば不要な物もあり、その判別は使用している本人にしかわからない場合もあります。物を大切にするあまり物をため込んでしまうと、死後には残した家族の負担となってしまうことも少なくありません。

重要な書類が見つからない、パスワードがかかっていてパソコンが開けない、処分して良いのか迷ってしまう、そもそも遠方のため何度も通うのが大変などの問題は実際に多く聞かれるトラブルです。このような事態を回避するためにも、生前整理をおすすめします。

生前整理は残した家族の負担を減らすだけでなく、自分自身が身軽になり快適に暮らす手助けにもなります。元気なうちから自分自身で作業ができればいいのですが、生前整理をするのが難しい場合もあるかと思います。

無理矢理に進めるのはトラブルの元になりかねません。財産目当てと疑われたり、早く死ねと言っているのかと誤解してしまう事もあるようです。そういう場合は無理強いせず、一緒に片付けを進めていくとよいでしょう。

また、土地の権利書や遺言などの書類、貴金属、通帳などの他に、近年ではデジタル遺産、オンライン遺産などもあるので、個人情報やパスワードなどの扱いも気に留めておきましょう。これらの作業をする時に「残しておくものリスト」があると作業が楽になります。

具体的なリストの作成方法

リスト

では、具体的にどうやってリストを作っていくと良いのでしょうか。いきなりエンディングノートを広げてみても戸惑ってしまうかもしれません。まずは頭の中を整理する必要があります。自分の居なくなった後のことを想像して、整理しておきたいことを思うままに書き出してみましょう。

日用品のことであったり、保険証券に関すること、預貯金やローンなどお金に関すること、パソコンの取扱やパスワードについて、ペットを飼っていればその扱いなど、やっておかなければならないことが山積みです。

一度に決めようと思わず、項目毎に分けてじっくり考えましょう。日用品などは現在使っているものもあり判断が難しいかもしれません。保険証券などの扱いなどの決めやすい項目からだと比較的スムーズに決められるかと思います。リストアップが出来たらエンディングノートなどにまとめていくと良いでしょう。

「残しておくものリスト」は特に判断が難しいかもしれません。思いつくものをリストアップした後、分類をしていきましょう。今使っていたり必要なものであれば「いるもの」、捨てたり売ったりして処分できるものは「いらないもの」、「迷っているもの」は一定期間保管してみましょう。数ヶ月後に見直してみて、いるかいらないかを判断するとよいでしょう。

絶対に残しておきたいものは「保管するもの」に分類します。これらの作業を何度も繰り返すうちに「残しておきたいものリスト」が完成します。リストを作成してしまえば自分で片付けをするときも効率的にできますし、業者に頼むときに的確な指示を出せます。

一気に行う事が出来なくても段階的に進めていけば良いのです。死後の不要品処分を前もって指示しておけば、残された家族の負担も軽くなります。

これらの作業をすることは、現状を見つめ直すきっかけになります。自分で必要なものを厳選する事で自分自身と向き合うこともできます。身の回りの整理整頓をする事で気分がすっきりしますし、ものが減ることで転倒するなどのリスクを減らすこともできます。

「残しておくものリスト」があれば、残された家族が遺品を整理するときの判断基準にもなります。特に形見として誰かに渡して欲しいもの、思い入れのあるものの取扱などは残された家族には判断し辛いものです。何がどこにあるのかをリストにしてまとめて書き残しておくと、残された家族は家中の引き出しを開けて回るなどという時間の無駄も省けます。

生前整理はそれぞれのペースに合わせて

リストを作っても何から手をつけたら良いのか迷ってしまうという方もいるかもしれません。自分自身で片付けるのもいいですし、家族が近くに居るのであれば頼むことも出来るでしょう。家族と一緒に思い出を語り合いながらのんびりと片付けをしていくのも生前整理の良いところだと思います。

一方、高齢者の方や独り身の方には、大きな荷物の処分や不要品の運び出しなどが大きな負担となってしまうようです。そんなときは、生前整理の専門業者を利用する事もおすすめします。生活に必要なものは残しておき、普段使わないものや不要になったものを買い取ってもらうことが出来ます。「残しておくものリスト」を活用して、生前整理を少しずつ進めてみましょう。

生前整理をする事は自分の人生を振り返り、今を見つめ直す大切な作業だと思います。家族だけでなく自分自身の為にもなりますし、人生を見つめ直すことでこれからをより良く生きていくきっかけになると思います。リストは何度も作り直してもかまわないので、納得のいくまでじっくり考えてください。

老夫婦

遺品整理ならプロスタッフへ

生前整理のコラム一覧

  • 生前整理

    【老前整理】安心できる老後の為のライフプランづくり

    疲れてくたくたな時には、片付けをする気にもならないものですよね。 片付けや整理は、思うよりも気力や体力を使います。何をどこへどのように片付けるか、見映えや収納ス...

  • 生前整理

    保存版【生前整理とは】家族と自分の為の終活方法。

    生前整理はお早めに 生前整理は、健康で頭が思うように働く状態のうちに身辺の問題を解決していくことを意味します。本来なら、誰もが「自分の死」を想像するのは気持ちの...

  • 遺品整理 生前整理

    相続トラブルは避けたい!元気なうちにしておきたい生前整理とは

    相続争いは家族を分断する大変悲しいものです。 仲が良かった家族でも、大切な人が亡くなった悲しみがストレスとなって思ってもいないことをいってしまったり、ささいなこ...

  • 生前整理

    元気な今こそ!自分にも家族にもうれしい生前整理のメリットとは

    「生前整理」とは、いつか訪れる自らの「死」を考え、人生の終わりに向けた準備と最期まで自分らしく生きるための活動を行う「終活」の1つです。毎日の暮らしの中で、つい...

  • 生前整理

    遺品整理士があえて勧める生前整理、そのメリット3つ

    こんにちは。遺品整理プロスタッフの石田です。 私どもは遺品整理がメイン業務となっていますが、生前整理に関するご相談にも対応させていただいております。 生前整理と...

  • 生前整理 スタッフ作業ブログ

    生前整理・片付け・大阪・神戸・奈良・京都

  • 生前整理 スタッフ作業ブログ

    生前整理もしております。 大阪・神戸・奈良・京都