遺品整理

段取りのポイント!遺品整理を効率よく行うには?

段取りのポイント!遺品整理を効率よく行うには?

人が亡くなると葬儀や遺産相続など、残された親族は多くの作業をしなければなりません。遺品整理もそのひとつで、故人が所有していたものを整理する重要な行為です。

故人の部屋には、処分した方が良いものや、形見として置いておきたいものなどが混ざった状態で残っています。量が多いことも珍しくありません。段取りよく整理をしていかないと、時間がなくなって他の作業にも支障が出てしまいます。

そこで、今回は遺品整理を効率よく行うポイントについて解説します。

遺品整理ならプロスタッフへ

カテゴリ分けをしよう!

判断基準を明確に何も方針を決めないまま、遺品整理を始めるのは良くありません。遺品を見つけるたびに、どのように扱うのか迷うことになるからです。ひとつひとつ検証するのは、時間がかかりますし疲れやすくなるデメリットもあります。

そのため、作業を始める前に判断基準を設けておくと良いです。「廃棄」「形見」「買取」など、いくつかのカテゴリを考えて、その数だけ大きなダンボールを用意しましょう。

そして、カテゴリごとに分類する条件も定めておきます。条件はあまり細かく考える必要はありません。たとえば、「壊れている遺品は廃棄する」というように、大まかに決めておくだけで構いません。細かい条件を設定してしまうと、当てはまるかどうかを検証するのに時間がかかってしまいます。分類が大まかすぎることに不安を覚える人もいるでしょう。

その場合は、いったん整理が終わってから、気になるカテゴリを再チェックすれば良いのです。壊れていたので「廃棄」に分類したものの、やはり故人との思い出がつまっているので捨てたくないと思う場合もあります。

その場合は、「形見」のカテゴリに移せば良いだけです。とにかく手を動かすことを意識して、大まかな分類を終わらせてしまうことが大切でしょう。そうすれば後は調整するだけなので、大きく時間が割かれることを防ぎやすくなります。思い出深い遺品が見つかると、どうしても手が止まってしまいがちですが、感傷に浸るのは分類が終わってからにしましょう。

貴重品に関するリストを作っておこう!

貴重品は優先的に探す必要があります。作業を始める前に、思い当たるものをリストにしておきましょう。

たとえば、通帳やクレジットカードといった金銭に関する遺品が挙げられます。不動産の権利証や有価証券なども同様で、金額的に大きい場合が多い傾向です。

また、遺品は金額的にプラスのものだけではありません。未払いの請求書や借入金の証文も放っておくわけにはいかない重要なものです。金銭にかかわるものは相続に影響しますし、借金があることが分かってトラブルに発展する場合もあるため、早めに確認しておくのが望ましいといえます。

さらに、運転免許証やパスポートといった身分証の類も貴重品に該当します。死亡したら返納することが定められている場合もあるので注意しましょう。リストを作成したら順番に探していきます。金庫や生前に伝言されていれば迷わずに済みますが、そうでなければ地道に探さなければなりません。

しかし、むやみに探しても見つかりにくいので、あらかじめ場所の候補を絞り込んでおくことが大切です。保管場所になりそうなところもリストアップして、順番に見ていくと良いでしょう。故人がおおらかな性格であったなら、タンスの引き出しなど分かりやすい場所を中心に探しても見つかるかもしれません。

逆に、慎重な性格であった場合は、分かりやすい場所は候補から外すのもひとつの手です。書類に挟んで隠すなど、カモフラージュをしている可能性があります。故人の性格や振る舞いを思い出して推察しましょう。

業者に依頼する場合も段取りが大切!

遺品整理を業者に依頼するのかどうかを決めることも重要な段取りです。自分たちだけ行う場合と違って、料金が発生するのでメリットと天秤にかけて考えましょう。故人が賃貸物件で生活していた場合は、急いで退去しなければならないケースもあります。

その場合は遺品整理も早急に行う必要がありますが、量が多いと期限までに間に合わないかもしれません。地理的な問題が絡んでくると、さらに時間がかかってしまいます。故人が住んでいた場所は大阪だけど、自分の住所は東京である場合などです。仕事や家事があると何度も足を運ぶのは難しいですし、長期間滞在することも困難と考えられます。

そのような厳しい状況の場合は、遺品整理の業者に依頼するのが得策といえます。上の例でいうと、大阪の業者に依頼することがおすすめです。遺品整理のノウハウを活かして、期限に間に合うように作業を進めてくれます。業者に依頼する場合は、料金や日程を確認することが大切ですが、作業当日の段取りについての打ち合わせも忘れてはいけません。進め方だけでなく、騒音や駐車場所などについても話し合っておきましょう。

トラブルによって時間を浪費したくないなら、近隣住民に迷惑を与えないように配慮することが大切です。その他にも、大事に扱ってほしい遺品があるなら先に伝えておくなど、意思の疎通をしっかり行うように心がけてください。

意思疎通がしっかりしていれば、業者は作業がしやすくなるので、より迅速に遺品整理が完了することを期待できます。

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...