ハウスクリーニング

故人が賃貸住みの場合遺品整理でハウスクリーニングも頼むべき?

故人が賃貸住みの場合遺品整理でハウスクリーニングも頼むべき?
遺品整理ならプロスタッフへ

賃貸では原状回復が原則

賃貸に住んでいる親や兄弟などが死亡した場合、すぐにでも部屋をひきはらう必要があります。なぜなら、そのまま退去を行わず借りている状態を続けていると、毎月家賃を支払わなければならないからです。

しかし、他の親族も仕事や家庭のことなどで忙しく、なかなか遺品整理を行えないということもあるでしょう。仮に、遺族のだれかが遺品整理をする時間があって、借りている部屋から荷物をすべてなくしたとします。賃貸の場合はそれだけでは部屋の原状回復までは行えず、敷金が戻ってこないどころか清掃代を請求されることもあります。

どの程度までのハウスクリーニングが借り主負担で、どこからが貸し主負担かは契約によって違ってきます。普通に生活をしているとできてしまう自然消耗は借り主が負担する必要はありませんが、基本的に水周りの汚れや綿ぼこりなどは借り主側がきれいに取り除かなければなりません。

そこで、活用したいのがハウスクリーニングも行える遺品整理業者です。業者が行う通常の遺品整理では、故人の大切な遺品を形見として残し、不必要なものやゴミは処分します。ただし、これだけでは部屋の中が空っぽになるものの、部屋の汚れは残ったままとなります。遺品整理を業者に頼む際にはハウスクリーニングもあわせて依頼することで、少額の負担で大きな清掃代を請求される心配がなくなるので大変便利です。

遺品整理業者によるハウスクリーニングは、業者によって行う範囲が異なります。例えば、掃き掃除や拭き掃除、浴室やキッチンなどの水周りの清掃や脱臭、一軒家の場合は草刈りや木の剪定までを担当してくれることもあります。遺品整理業者選びでは、ハウスクリーニングをどの範囲まで行ってくれるのかも考慮すべきポイントといえるでしょう。

孤独死などではハウスクリーニングではなく特殊清掃

もし、賃貸に住んでいる親族が孤独死をした場合、遺品整理業者が行う通常のハウスクリーニングだけは不十分といえます。孤独死や事故死などで亡くなってから時間が経っている場合、普通の清掃だけではにおいや除菌が完璧に行えないからです。したがって、そのようなケースでは、特殊清掃という特別な清掃を依頼する必要があります。

特殊清掃とはにおい消しや除菌に特化した専用の機材で清掃する方法で、通常のハウスクリーニングでは完璧には行えない汚れなどを取り除いてくれます。遺品整理業者の中には特殊清掃を請け負っているところはあります。しかし、お住まいの地域によっては遺品整理だけを行う業者と特殊清掃だけを行う業者しかない場合もあるかもしれません。

そのような場合、特殊清掃業だけではなく遺品整理業者にも作業を依頼することをおすすめします。遺品整理業者は汚れている家具や寝具などを回収してくれるので、自分たちでは扱いきれないものでも簡単に処分できます。そのため、遺族が遺品整理の際に感じる負担は軽減されることでしょう。孤独死などの特殊なケースでは、遺品整理業者と特殊清掃業者を上手に利用して、ストレスなく部屋の原状回復に努めることがポイントです。

遺品整理業者にハウスクリーニングを依頼するといくらくらいかかる?

遺品整理業者にハウスクリーニングを依頼する際には、多くの場合オプション扱いとなります。そのため、「遺品整理1DKで5万円」などと書かれていても、ハウスクリーニングをつけるとさらに値段が高くなるのが一般的です。

遺品整理業者は全国にたくさんあるため、業者やお住いのエリアによってハウスクリーニングの価格は変わるものの、一般的にはだいたい1万5,000円からが相場となっています。ただし、部屋の広さによっても値段は変わっていくので、何部屋もあるような大きな家に住んでいる場合は、相場よりも何倍も高くつく可能性があることを留意してください。

一方、特殊清掃を依頼すると、だいたい10万円前後の費用がかかるとされています。そのため、たとえ部屋がひどく汚れていたとしても、孤独死などのケース以外では特殊清掃を依頼するのは経済的な面から避けるべきといえるでしょう。

遺品整理業者に依頼する前には見積もりを取るのが一般的ですが、ハウスクリーニングに関しても見積もり時にどのくらいの費用がかかるのかをきちんと確認しておいてください。見積もりの際にハウスクリーニングの費用が高いと思っても、交渉次第では値段を下げてくれる可能性もあります。

遺品整理業者のオプションにはハウスクリーニングや特殊清掃の他にも自動車の処分などもあります。交渉次第ではオプションをたくさんつけることでハウスクリーニングの費用を格安に抑えることもできるかもしれません。

遺品整理は大切な遺族を亡くした悲しみの中で行わなければならないため、肉体的な負担だけではなく精神的にも辛く感じるものです。遺品整理業者のサービスやオプションを上手に活用して、ぜひ遺品整理の際に心身の負担を軽減させてください。

遺品整理ならプロスタッフへ

ハウスクリーニングのコラム一覧