サービスのご案内

明石市の遺品整理なら
充実のサービスの
プロスタッフに全てお任せ!

豊富な経験と充実のサービスで、お客様から高い評価をいただいております。遺品の整理、ご供養、清掃、買取、配送までワンストップで当社が全てお請けしていますので安価でご提供できます。また、生前整理、不動産の整理や相続のご相談も、安心してお任せください。遺品整理に関わるお困りごとは全て解決いたします。

明石市のお客様の声

  • 明石市N

    祖父が急逝したため、遺品整理することになりました。祖父の家は引き払い、残された祖母は私たち夫婦と同居するため、少しでも早く遺品が整理できたらということで即日対応できるこちらを利用することになりました。整理には祖母が立ち合いましたが、とても丁寧な言葉遣いで、祖父をなくした気持ちに寄り添ってくれたと申しておりました。私自身は立ち会うことができなかったのですが、祖母が満足していたので良かったです。

  • 明石市S

    葬儀が終わってから、書類の手続きなどで遺品の整理が後回しになっていました。遺品の整理を本格的にしていくために、今回こちらの業者を利用させていただきました。時間は過ぎていくものの、なかなか気持ちの整理がつかず、母が生前使っていた荷物をそのままにしていました。生きていた頃のままにしている方が悲しさから解放されないと友人にアドバイスをもらい、遺品整理をする決断をしました。今回、必要な物と不用品を分け、不用品は回収していただきました。母が生きていたころの雰囲気はそのまま、綺麗に整理していただき感謝しています。

  • 明石市K

    遺品の整理をどこに頼めばいいのか悩んでいたところ、以前名前の利いたことのあるこちらにお願いしました。やはり口コミで評価が高いというだけあって、仕事が早いだけでなく、接客の良さも徹底していると思います。心配りがあって、細やかな気配りを感じました。遺品の処分というと不用品を処分してもらうだけのように聞こえてしまいますが、洋服であれば綺麗にたたみながら段ボールに入れ、投げずに大切に扱っているところを見て、とても嬉しく思いました。遺品の整理もはかどり、前々から処分したいと思っていた家具なども一緒に引き取っていただき感謝しています。

明石市くらしコラム

明石市で人が亡くなった場合、7日以内に死亡届を提出して埋火葬許可証を交付してもらう必要があります。同居の親族が手続きを進めるのが原則ではが、該当者がいない場合は葬儀業者が代理で提出するケースもあります。提出先は、死亡地である明石市か故人の本籍地、または届出人の住所地の市区町村役場になります。夜間や土日祝日でも市役所1階の警備員室に提出できるほか、明石駅前再開発ビル(パピオスあかし)の6階にある「あかし総合窓口」でも手続き可能です。
故人が国民年金の第1号被保険者だった場合は、14日以内に年金手帳や印鑑などを持参して、市役所福祉総務課国民年金係などの窓口で脱退の手続きを済ませましょう。また、後期高齢者医療の被保険者だった場合は、葬祭を行った喪主に対して葬祭費5万円が支給されます。受給するためには、申請書に必要事項を記入して市役所2階の長寿医療課後期高齢者保険係などへ提出しなくてはなりません。このとき、葬儀の実施を証明する書類(葬祭費用の領収書など、コピー可)を1点添付することが求められます。

市区町村の取り組みに関する問い合わせは各役所へご連絡ください。

〒673-8686 兵庫県明石市中崎 1丁目5-1
電話:078-912-1111(大代表)

明石市の地域情報

明石市の地域情報についてですが、明石市の人口総数は291027人となっています。65歳以上の方は51866人で割合としては17.8%を占めています。また出生数は2647人で出生率は0.9%となっています。