遺品整理

自分でやる?業者に頼む?遺品整理の前に気をつけるべきポイント

自分でやる?業者に頼む?遺品整理の前に気をつけるべきポイント

故人の遺品整理は遺族が行うが一般的です。しかし、離れて暮らしていた場合や故人の荷物が多い場合などは業者に依頼する人も増えています。特に、高齢者だけの世帯が増えた現代では珍しいことではありません。遺族として遺品整理を依頼する際、良い業者を見つけるために何をポイントにして比較すればいいかを解説します。

遺品整理士の資格を持っている業者を選ぶ

遺品整理は不用品回収業で行なっているところもたくさんあります。通常の大掃除や引っ越しで出る不用品であれば、不用品をまとめて回収してくれるだけで問題はないでしょう。しかし、遺品整理をしてもらうなら遺品整理士を持っている業者をおすすめします。遺品整理士とは遺品整理士人認定協会によって運営されている民間資格です。遺品整理に必要な知識を有している人が遺品整理士の資格を持てます。遺品整理は故人が生前使っていた場所に入って作業を行います。一般の不用品や粗大ゴミと違い、故人が使用していたものをただ廃棄して処分するのではなく、供養するという観点で作業にあたるのです。ひとつひとつを供養しながら丁寧に扱ってもらえるので、家族としても安心して任せられるのではないでしょうか。また、不用品として処分する場合でも遺品整理士は処分する上での正しい知識を有していなければなりません。分別の問題だけでなく適切な廃棄ルートを確保できているので、たとえ不用品として処分するものであっても、きちんと故人を供養しながら法に沿った廃棄処分を行なってもらえます。特に、孤独死の場合などは不用品として処分することよりも、供養しながら片付けるという気持ちで作業してくれる遺品整理士のいる業者を選ぶことをおすすめします。また、遺品整理のあとは清掃を行ってくれるかどうかもポイントです。遺品整理士を持っていると遺品を整理した後の清掃作業に対してもしっかりした心がまえを持って対応してくれます。

リサイクルできるものと不用品をまとめて処分

所有品が多い故人の場合困るのが、リサイクルできるものと不用品の仕分けです。家電品や家具類なら遺族が使えるものはそのまま使うというケースは多いですが、骨董品や刀剣類、美術品などをコレクションしていた故人の場合はその処分に困ることがあります。もちろん、一定の資産として扱われるものは遺産相続の対象になるので適切な対処をしなければなりません。貴重なものや美術品としての価値の高いものは遺族が相続するケースと、そのまま売却するケースが見られます。書籍であっても古書として価値の高いものも見受けられるので、素人判断で廃棄してしまうのはおすすめできません。そのような場合でも、適切な価格で買い取りができる業者を探すことをおすすめします。価値のあるものは適切に判断できる鑑定士がいると遺品整理も進みます。完全に使えない不用品はゴミとして適切に処分し、価値のあるものは鑑定して買い取りもできるという業者に依頼しましょう。

また、所有品が多い人で昨今増えているのが生前に自分で行う遺品整理です。業者に依頼して自分であらかじめ遺品整理をしておけば、いざというときに遺族が遺品の処分で頭を悩ませることもありません。資産価値のあるもので相続をさせたいと考えているものは改めて価値を調べておくのもいいでしょう。そうしておけば遺族が相続税の申告で資産価値を調べる手間を省くこともできます。そして、使えないものや資産価値のない不用品は業者に処分してもらえばいいのです。あらかじめ自分で整理をしておきたいときには、相続させたい遺品の目録作りや価値の調査、そして不用品の処分ができる業者を探しましょう。

近くの業者に限定して見積もりを取るのもポイント

遺品整理に対応してくれる業者は全国的に増えています。ですが、できるだけ自宅または遺品整理を行う場所に近い業者がおすすめです。関東や関西など幅広い地域に対応している業者の場合、出張費などで高くついてしまうことも考えられます。また、交通事情によっては約束した当日に到着時間が前後することもあるかもしれません。遠方の業者に依頼するより、大阪で遺品整理を依頼したい場合は大阪の業者を選ぶようにしましょう。業者によっては夜間や当日といった無理なタイミングでも対応してくれるところもあります。遺品整理をする場所から近ければそれだけ臨機応変に動いてくれることが期待できます。

また、重要なのは見積もりを事前に取ることです。できれば1社だけでなく何社か見積もりを取ってみましょう。そして、費用を比較してください。業者によってはキャンペーンやお得なセットなどを用意しているところもあります。そういうタイミングを使って利用するのも安く利用できるポイントです。やって欲しい内容がすべて入っているか、追加料金の発生がないかなども始めにしっかり確認しておくことをおすすめします。不明な点はすべて聞いておくと安心です。

遺品整理のコラム一覧