遺品整理

神戸の遺品整理事情

神戸の遺品整理事情

地域の特色によって遺品整理の事情は異なります。場所によっては遺品整理がしやすいケースもありますし、逆に遺品整理がしにくいケースもあります。

そもそも遺品整理をする必要がないという場合もあるでしょう。もちろん、地域だけではなく、家庭の事情や故人の所有物の量によるところもありますが、地域によってどんな違いが現れるものなのかについて知っておいて損はないでしょう。

そこで、神戸の場合はどのような遺品整理事情なのかを詳しく見ていきます。

遺品整理ならプロスタッフへ

神戸市ってどんなところ?

神戸市は兵庫県の県庁所在地であり、兵庫県の高齢者人口は135万人を超え、全国で第8位を記録している高齢者の非常に多い地域です。神戸市も例外ではなく、高齢者の他の都道府県と比べてみても多いほうになるため、その分だけ亡くなってしまう人の数も必然的に多くなります。亡くなる人が多いということは、遺品整理の需要も高い地域だと言えるでしょう。

ただ、持ち家住宅の広さに関しては神戸市のある兵庫県は全国で37位というとても低い順位です。持ち家住宅延べ床面積の全国平均が113.6平方メートルであるのに対し、床面積は118.5平方メートルという数値ですから、住宅はコンパクトであることがわかります。住宅が小さめであるということは、それだけ荷物の量も少ないということですから、遺品整理はしやすい地域だと言えるでしょう。

もちろん、家庭によっては住宅が十分広かったり、故人の持ち物が多かったりする可能性もないとは限りません。あくまでも参考にすべき数値ではありますが、神戸市の遺品整理の需要が高いということは、それだけ遺品整理に特化した業者に依頼しやすい環境に期待できるということです。

兵庫県の最終処分場残余容量は全国2位ですから、新たに処分場を増やす必要がなく、費用の安さにも期待が持てるでしょう。自力で遺品整理をするのが大変だという場合や手間を省きたいという場合には、神戸市内の住宅に対応してくれるような遺品整理の業者をあたってみることをおすすめします。

神戸では遺品整理業者に依頼するべき?

業者

まずは遺品整理業者の必要性を考えてみましょう。先述したように、神戸の戸建て住宅の面積は小さめになっていますから、荷物が少ないという家庭はわざわざプロに依頼する必要はありません。家族の人手が足りていて自力で整理できるという場合にも特別必要になることはないでしょう。

ただ、処分したい荷物が大きかったり、デジタル機器のように処分の仕方に困ったりしてしまうようなものがある場合には、専門の業者に依頼するのが無難です。自力で片付けるとなると大変な労力を必要とします。

たとえば、冷蔵庫を処分したい場合はサイズの大きい車を用意する必要があるでしょう。車に積むのは一苦労ですし、積み込むことができなくて軽トラックをレンタルしたとあれば費用が無駄にかかってしまいます。同じく費用をかけるのであれば自宅まで取りに来てくれるようなサービスを利用したり、最初から遺品整理業者に依頼したりするほうがスムーズです。

また、何を処分して何を保管すればいいかわからない場合や、何に注意しながら遺品整理すればいいのかわからないといった場合も遺品整理業者に依頼することをおすすめします。専門の業者であれば、遺品整理で保管しておくべきもの、処分するべきものは何かを大体把握しているものですし、事前に相談すればアドバイスにも乗ってくれるでしょう。予算の面で心配であれば前もって見積もりを出したり、これまでの実績による料金の目安を教えてもらったりすることで安心して依頼できます。

神戸で遺品整理業者を探すときのポイント

神戸での遺品整理に対応している業者は数多くありますが、そのなかには高額請求をするような悪徳業者や整理の仕方がおざなりなサービスの悪い業者もないとは限りません。「神戸でも対応してくれるから」という安易な理由だけで決めてしまうのではなく、料金やサービスにきちんと満足できるような業者なのかどうかを判断してから依頼することをおすすめします。

一番手っ取り早い方法としては、気になっている遺品整理業者の口コミをチェックすることです。評判がよければ料金やサービス内容に満足できる可能性は高まります。ただ、口コミをチェックする場合にはあくまでも信頼性のある情報を頼りにするように気をつけなければなりません。できれば同じ神戸市民の実体験を直接聞いたうえで判断するのがいいでしょう。

費用を少しでも安くしたいと考えているのであれば、料金体系がきちんと整っている業者をあたってみたり、遺品の買い取り金額を上げてくれるようなところにしてみたりという方法があります。大体の見積もり額を最初に出してもらい、複数の業者を比較することで、神戸市内で最安の業者を見つけることもできるでしょう。

ただ、料金が安いとそれだけサービスの内容に問題がある可能性はないとは言い切れませんから、料金とサービスの質のバランスが整っているかどうかを重視することを忘れないようにしてください。料金とサービスの質という2つのポイントをしっかりと押さえたうえで評判のいい遺品整理業者を探せば、満足度の高い依頼ができるでしょう。

ポイント

遺品整理ならプロスタッフへ

遺品整理のコラム一覧

  • 遺品整理

    生活保護の受給者が亡くなった場合に遺品整理はどうする?

    (1)生活保護制度の目的 まず前提として、生活保護制度の目的は、各人の困窮の程度に応じた保護を行うことです。 これは憲法第25条1項で定められている、「健康で文...

  • 遺品整理

    キリスト教における遺品整理の方法と注意点

    (1)仏教や神道とキリスト教 故人の信仰していた宗教が仏教や神道だった場合、葬儀や遺品整理に関してはお寺や神社に相談することができます。 基本的に宗教物は供養し...

  • 遺品整理

    【デジタル遺品】財産や遺族のプライバシーを含む遺品の取り扱い方

    ネットでの株式投資やブログやフェイスブックなどのSNSは、遺族や相続人が取り扱いに苦労する「デジタル遺品」になるかもしれません。 一般的な遺品は現物を確認できま...

  • 遺品整理

    形見分けでトラブルを起こさない手順と方法

    形見分けとは、遺品整理の一種です。故人の所有物のうち、特に思い出深いものを親族や友人、お世話になった方に贈る習慣です。 しかし形見分けは、正式な相続とは異なり故...

  • 遺品整理

    空き家になってしまった実家を解体!知っておきたいアレコレ

    両親が亡くなって住む人がいなくなった実家、どうすればいいか悩んでいる人は多いでしょう。空き家になった実家を解体しようと思う人も少なくありません。思い出の残る実家...

  • 遺品整理

    残ったタンスやベッド、大きな家具はどう処分すればいい?

    身内に不幸があった場合等で処分に悩むものの一つにはタンスやベッドといった大型の家具が挙げられます。故人の思い出が詰まったものとはいえ、スペースの関係もありますの...

  • 遺品整理

    遠方なのでお任せしたい…遺品整理は立ち会わなくても大丈夫?

    亡くなった親族の遺品整理は、できることなら自ら行いたいと思っている遺族が多いのではないでしょうか。ところが、少子高齢化が進む現代においては、子供が遠方に住んでい...

  • 遺品整理

    遺品整理士になるには?その仕事内容と就職先の探し方

    故人の遺品を整理する遺品整理士の仕事が人気を集めています。遺品整理士の仕事を取り上げた映画の影響もあり、資格を取得して社会に貢献したいと考える方も増えています。...

  • 遺品整理

    遺された車やバイクは相続する?処分する?

    身内に不幸があった場合、様々なものを相続するか、処分するかを判断することになります。その中でも車やバイクといったものは相続の際にはただ自分の手元に置くだけでなく...

  • 遺品整理

    保存版【遺品整理とは】相続等の必要な作業から業者のサービスの利用方法まで...

    遺品整理とは 近年耳にすることの多くなった「遺品整理」ですが、具体的になにをどうすることが「遺品整理」なのかを詳しくは知らないという人も多いでしょう。遺品整理と...