遺品整理

遺品整理士とは?いないとどうなる?その探し方は?

遺品整理を依頼したいと考え、ネットで検索、調べていくうちに遺品整理プロスタッフのホームページにたどり着かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

遺品整理を業者にお願いする場合、ぜひ、遺品整理士のいる業者をお選びいただきたいなと思います。もちろん、遺品整理プロスタッフには遺品整理士がいます。

遺品整理士とは?

遺品整理士は、一般社団法人遺品整理士認定協会の遺品整理士養成講座を受講し、遺品の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識を正しく身に付け、同協会の認定を受けた方を指します。

どうして遺品整理士が業者選びの基準なのでしょうか。今回くわしくお伝えしたいと思います。

遺品整理士がいなかったら起こりうること

➊ 遺品ではなく単なるモノとして取り扱われる

遺品整理士がいない業者に遺品整理を頼んだ場合、事務的にいるものといらないものとに仕分けされ、いらないものはごみ袋に機械的に入れられるかもしれません。
遺品整理士は、お亡くなりになられた方、ご遺族様のお気持ちを汲み取りながらひとつひとつ丁寧に整理を行っていきます。

➋ 不用品を法やルールに則って適正に処分しない

このような業者の撲滅のためにお伝えしたいことなのですが、処分したはずの遺品が山奥や河原に不法投棄されていたという話を耳にしたことがあります。
家電は家電リサイクル法に、一般ごみは自治体のルールに従って処分しなければなりません。遺品整理士は、不用品も最後まで責任をもって適正に処分します。

➌ リサイクルできる遺品を安く買い叩く

遺品整理士のいない業者は、遺品を安く買い叩く傾向があります。また「押し買い」も横行していますので、くれぐれもご注意ください。
遺品整理士のいる弊社、遺品整理プロスタッフの場合、処分してもいいと判断された遺品でまだまだ使えそうなものは、なるべく高値で買い取らせていただき、遺品整理費用から差し引かせていただいております。

遺品整理士がいる業者の探し方

前出の遺品整理士認定協会が公表している優良企業一覧のページから最寄りの業者を探すことができますので、ぜひ活用されることをオススメいたします。

優良企業一覧
http://www.is-mind.org/company.html
弊社も「関西プロスタッフ」名義ですが、しっかりと掲載いただいております。