遺品整理 遺産の相続

【不動産整理】信頼できる司法書士と不動産業者を最短で見つける方法

今回は、祖父母が遺してくれた家、両親が建ててくれた家。でも、住む人も住む予定もないんです。そのような方にお伝えしたいお話です。

・両親が相次いで亡くなり空き家に
・県外在住で実家に住むことはありません
・思い出のある家を他人に貸すのは…

このような場面で、お役に立てるよう当社では「不動産整理サービス」を用意しています。

故人様が急逝し、ご遺族のみなさまは悲しみをこらえ様々な手続きや対応に追われますが、不動産整理を行うにも相続・変更登記が必要です。

信頼できる司法書士・不動産業者はなかなか見つからない

相続や変更登記の手続きは素人が行うのはむずかしく、書類は定型化されていますが、揃えるべき添付書類はケースによって異なり煩雑です。
誤字・脱字や印鑑の押し間違えなどがあると法務局から呼び出され何度も足を運ばなくてはなりません。

そのため、司法書士に依頼されることをオススメします。ただし、司法書士事務所によって専門や報酬が異なり、短期間で希望に合う先生を見つけるのはむずかしいのです。

また、変更登記後、ご自身が住むのであれば問題はないのですが、売却したり、人に貸したり、更地にしてアパート、コインパーキングなどで有効活用しようとする場合、不動産業者の力を借りるべきです。
有効活用する場合は、どうしても長いお付き合いとなります。信頼できる不動産業者を選びたいものですが、短期間で見極めるのは困難です。

そこで遺品整理プロスタッフでは、遺品整理に加え、司法書士・不動産業者と提携し、一軒家からマンションまで幅広く不動産整理コンサルティングも行っています。

私どもが選んだ司法書士と不動産業者ですので、安心してお任せいただけます。

遺品と不動産の整理を同時に行うメリット

遺品と不動産の整理を同時に行うメリットは、やはり、費用面とスピードです。当社の企業努力により「安く」「最短」で進めることを可能としました。

不動産整理も遺品整理プロスタッフへ

専門家と提携した遺品整理プロスタッフに相談すること。これが信頼できる司法書士と不動産業者を最短で見つける方法でした。